2018年04月15日

東播FJ実行委員会 中間報告会

1月にキックオフした東播FJ実行委員会。あっというまに4か月がすぎ今日は進捗を確認する
中間報告会議。すでに6年目ともなると、各作業も順調に推移。
残るは、パンフレット作成・当日の各バンド役割分担作成・音響計画の作成
次回は、バンド代表者の出席も頂き、当日の流れを説明する”直前会議”・5月27日(日)だ
P1060090N

posted by ladybug at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

六甲道で武者修行?BACKY and Friendsに参加

Backyは、大蔵海岸近くのMEREDIESでBackyライブを主催し、すでに50回超え。
それに
何度かお招きされて歌いに行ったことがあったが、活動範囲を広げて六甲道でも定例ライブ
をやっている。そのお店はカフェ・バール"フォロ・ロマール・さとる”
そこにお招きされました。ということで、いよいよLadyBugは東灘進出

・・・よくよく考えてみたら、結婚したてで神戸で夫婦で音楽を始めたころ(1979年頃)六甲道にあった
「春待ち疲れバンド」というライブスポットで2~3度歌ったことがあることを思い出し、その記憶が蘇った。
あの頃は”仏蘭西市場”という名前でやっていたな

ともかくライブがはじまった。今回の共演者は一つを除いて顔見知りなので和気あいあい雰囲気。
そして、結構笑いを取るMCのバンドが多く、我々Away感あり実に武者修行感覚だった。

@ブラックファルコン
MEREDIESでおなじみの女子デュオ。昨年東播FJにも参加してくれた。結婚が決まったそうだ。
S0284056n
Aモーメンタム音楽ショー
観客を笑いの渦に巻き込む男女ユニット、笑いだけではなくギターの腕もなかなかのもの。
漫才と音楽で随分楽しませていただいた。
S0324063n
Bまさやっこ
毎度おなじみ女性シンガーだが、今回は店のマスターの依頼でシャンソン一
色のステージ。
いつ聴いてもソフトなバラードが良く似合う。確かにシャンソンがぴったりのボーカルだ
S0344067n

CBacky&Rice
今回もBacky節とRiceさんののリバーブ聴いたリードギターは健在。
Keitaさんのパーカッションがなく、アクションもなく、フォーク調の弾き語り風の
ステージでした。
S0354069n

DLadyBug
新たな曲も含め、少し新鮮な気持ちでやらせていただきました
S0444080n
【セットリスト】
@メモリーライン(オリジナル)
Aりんご〜旅の宿(吉田拓郎)
Bホームにて(中島みゆき)
C雪が降る日に(かぐや姫)
D緑の季節(山本潤子)
E冷たい雨(ハイファイセット)・・・アンコール

 

 

それにしてもマスター(芦田 学さん・由紀子さん)は50歳半ばで東京での務め脱サラして店を始め、
その際、関東育ちのママさんはしっかりついてきたとのこと。たいそう仲の良いお手本のような夫婦さんでした。
w260-1

posted by ladybug at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月14日

デイサービスでの演奏

純子ママはかつて、デイサービスで勤務していた。
勤務の中で、時折ギターを弾いて歌っていたが
かつての同僚の方からの依頼があり
実に、久しぶりに普段と違う選曲で歌ってきました

【セットリスト】
@知床旅情
A涙そうそう
B蘇州夜曲
Cテネシーワルツ
Dいのちの理由
E上を向いて歩こう(皆さんと)
F糸(アンコール)

ご老人の間ではいつもそうなのだけど、蘇州夜曲は受けが良い
その人の人生で良く聞いた音楽は色あせずに生きているという事かな
自分で言えばフォークソングの数々がそうなのだろうな


S0184040

posted by ladybug at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月07日

札幌の旧友と"東播FJin出石"を挟んで但馬・丹後の旅


3/31の東播FJin永楽館を挟んで以下のスケジュールで但馬・丹後を満喫した

3/30:竹田城⇒城崎温泉
3/31:(東播FJ)
4/01:丹後 伊根舟屋⇒天橋立
4/02:Baiseにてアコースティック道場番外編

【3月30日(金)】

借り物の写真ではあるが、桜の季節に遭遇とはラッキーすぎる
播但道出口からたどり着くのに難儀したが、桜で結果オーライ!だ

09041953_PH25487826056_75b477f15a_o
IMG_1585
IMG_1609

予定通り16:00に素泊まり旅館"水郷"に到着。すぐにスタッフ集合し
温泉ツアーに。
素泊まり料金4320円+150円の入湯税だが、\2100の外湯めぐり券が
含まれ、また内湯もありエコノミーだ!
個々を切り盛りしているのはお母さんと美人姉妹。お母さんの運転で
城崎駅前まで1分程度のドライブだ。そしていよいよ繁華街に。
003006
008
選んだ外湯は、『一乃湯』と『御所の湯』だ
012
photo-spa2-1photo-spa3-1
湯めぐをリタイヤして早くも飲み始める者が・・・。
自分が温泉好きなものだからすべての人もそうだと思っていたが・・・。
まあ、酒も同じくらい魅力だけど…。満開の桜のなせる業か・・・。
014013

城崎の一杯飲み屋は席が少ないところが多く、予約困難でたどり着いたのが
中華料理店《チャイナ》・・出る料理がすべて美味。
あまりに美味しく店の酒を飲み干してしまい、酒屋に買いに行ってもらことに。
よ~飲んだわ!
016038
034030
036027
026024022023

【4月1日(日)】

さて、東播FJを終え、その後の一連の懇親会・二次会を経て、一路丹後半島へ
最初のspotは伊根だ。
途中、天橋立ワイナリで昼食バイキングを楽しんだ後伊根へ

P1060033

伊根では、遊覧船からの鑑賞と陸路からの鑑賞
遊覧船では、かっぱえびせんに目がないワシ(トンビ)が手元のえさを狙う

IMG_1722 
P1060038P1060036
P1060046
P1060041
定番spotの向井酒造で京の春をゲット
P1060044

伊根を後にして、天橋立へ。途中、元伊勢神宮の籠(この)神社にも立ち寄る
18040301
P1060050

宿泊は久美浜温泉元湯館。
600ℓ/分の豊富な湯量を誇る源泉かけ流しの大露天風呂が魅力
いつもながら、何度も湯につかる。今回は4回・・堪能した。

src_10923682OLYMPUS DIGITAL CAMERA         src_13956160
IMG_1743

【4月2日(月)】
札幌の友人をおもてなしする最後の出し物は、なんとアコースティック道場番外編。
なんと14人も集合してくれて、総勢20人の賑やかな音楽時間となった。
参加者は《郁ちゃん(アコーディオン弾き語り)》・《シュガーレイ石田(アコギ弾き語り)》
《BOSU(ギターデュオ》・《ノリピー(ピアノ弾き語り)》・《粂ちゃん(ソロシンガー)》
・《おぶっちゃん(ギター弾き語り》・《Aco・Road・Core(フルバンド)》・《LadyBug》
・《遊介組CT&Y(フルバンド)》・《ダンナーズ(裕介&正》
IMG_1766IMG_1769
IMG_1777IMG_1780 
IMG_1797IMG_1785
IMG_1800IMG_1789
P1060083P1060070


今回も裕介&チコ夫妻+タケボーの札幌友人と濃〜〜い、楽し〜〜い
充実の時間を過ごすことが出来ました。
最後の夜は名残惜しくAM2:00まで歓談
愛犬"ゆめ"まで、夜なべして・・・。

P1060087

posted by ladybug at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月05日

東播フォークジャンボリー in 永楽館 "成功御礼"

2017年8月から準備してきた本イベント、好天に恵まれ、桜満開の出石町にて開催。
トラブルもなく、時間超過なくスケジュール通りに終了。
まづは、当日の役割もこなしていただいた参加者、音響岡崎さん、永楽館館長の赤浦さん
但馬地区のバンド選出や現地でのフライヤ配布で協力いただいた田中音友堂さん、感謝です。

花見日和に重なって、100人以上の観客の方々が来られました。
29983492_893236650839199_262011913613247753_o

【演者編】

@『摩訶不思議(小野)』:東播FJin永楽館は2回連続出場。芝居小屋に合わせて
"浅草キッド"を。演奏後そそくさとカメラに向かう。
スタッフとして前泊して、全時間の撮影班を担当してくれた。お疲れ様

29745132_1021731404631393_3831556290698484891_o

A『Team TOKU(加古川)』:いつも以上に気合の入った”元気ステージ"。お祭りムードを
一気に盛り上げるパフォーマンスでした。バンボス一座の舞台に乱入し再登場してくれました。

1
B『よしおっさん(姫路夢前町)』:東播FJin永楽館は2回連続出場。抒情フォークを奏で、
イベント前半の空気を落ち着かせた感じ。スタッフとして前泊、当日4:30amには起床。
爆睡していた他スタッフを起床させた功労者

2
C『ALVIN(姫路)』:夫婦で奏でる往年のフォークソングは、このイベントにぴったりの演奏になった。
前泊し早朝から開場設営をこなすなどスタッフにも専念することで夫婦漫才を封印
3
D『ミキオン(神河町)』:東播FJin永楽館は2回連続出場。太めの歌声がいつもながらパンチ
を利かす。5/4には地元神河町でフォークジャンボリーを開催するソリスト

4
E『アール・ド・ヴィーヴル(但馬)』:音域の広いオカリナをピアノ伴奏に沿って演奏。
オカリナのメロディーで独特の空間を作ってくれた。お二人ともセレブ風で高貴感が漂っていました
5
F『Aco・Road・Core(三木)』:三木の元気印ユニット。芝居小屋に合わせた衣装を揃え
やる気満々で臨んだパフォーマンスは元気そのもの。宿でのグループ別飲酒量ではおそらくトップだ
6
G『自由電子(久美浜町)』:メンバーの一人、南さんは2年前の永楽館での東播FJにソロで
参加。今回は念願かなってバンドで参加頂いた。60歳前後世代になじむ曲で聴き心地良い
サウンドを届けてくれた
7
H『KUMOYURI(三木)』:三木を代表する若手ユニット。Vocalの粂ちゃん・リカちゃん
それぞれの選曲でそれぞれの個性を表現し、聴きごたえあるステージだった。
8
I『安全ぱい(加古川)』:加古川を代表する実力ブルースバンドであるが、時折漫才風の
バンドでもある。今回は芝居小屋ぴったりのパフォーマンスで音を聴かせ・笑いを利かせていた。
29662330_893239354172262_2027797014287572173_o
J『藤本明生(明石)』:キリマンジャロ制覇の余韻が続く、人生劇場風の演奏。最後は
オリジナル曲"Be a man(男であれ)"で演奏を締める。東播FJの副会長の一人。
10
K『残念ながら僕は幸せだ(但馬)』:劇風な語りが入る、個性際立つ演奏。サウンドもしっかり
していて、真面目に音に取り組んでいる姿勢が伝わってきた。
12

L『遊介組CT&Y(札幌)』:本イベント主催のLadyBugとは札幌時代の音楽仲間であり
今も音楽を楽しむ友人。今回、遠路参加してくれ、往年のフォークソングを厚いコーラスで披露。
前泊してもらいスタッフも兼ねてもらいメーキング東播FJを堪能いただきました。
Vocalの裕介さん(センター)には音響サブとして強力サポートでした。
13
M『OTTOと(明石)』:還暦過ぎのいぶし銀の音楽。普段見ているバッキー(Vocal)の
パフォーマンスが芝居小屋の雰囲気で大きくバージョンアップしたように感じたのは私だけでは
ないだろう。
14
N『バンボス一座(姫路)』:いつ聴いても安定感があるサウンド。なかなか永楽館にフィット
していて、演奏ポーズも決まっている。舞台に乱入のTOKUさん(A番目参加バンド)とともに
中盤の時間帯を盛り上げてくれました。バンボスさんも音響サブとして強力サポートでした。

15
O『YASUYO&筒井進悟(但馬)』:但馬地区の歌姫というとYASUYOさんが該当する
のであろう。しっかりした音程と気持ちの乗った歌は皆を引き込んだに違いない。シュアな
ピアノ演奏も存分に歌を引き立てていた。
16
P『MOTO(明石)』:明石のソロシンガーといえばMOTO。MOTOフォーク節が芝居小屋に
響きわたる。中盤以降続く実力シンガーのサウンドはまだまだ続いていた。
17
Q『つむじ風楽団(但馬地区)』:播州からの遠征組の中では「最も楽しませてくれて身近
に感じた」ユニットと評判。礼儀正しい好青年たちの姿勢におじさん達も感心。好感度抜群でした。
18
R『音羽屋(高砂)』:感情がたっぷり入ったてっちん(Vocal)に東播FJ副会長である殿下の
マンドリンがからむ。上質のアコースティックサウンドは芝居小屋でも健在でした。そして、二人は
音響サブとしても大活躍してもらいました。
19
S『奏音(加古川)』:東播FJin永楽館は2回連続出場。伊勢正三・22歳の別れをナシュビル
チューニングによるサポートを得て披露。2曲目のオリジナルとともにフォークサウンドを奏でてくれた。
20
㉑『Kyokoと愉快な仲間たち(加古川)』:播州の歌姫恭ちゃんの唄は安心して聞いていられる。
バンボス一座と門積さん(左)のサポートで落ち着いた音楽空間が作られ聴きごたえがあった。
体調が完全でない中でよく参加し良い演奏してくれました。感謝感謝。
21
㉒『LadyBug(三木)』:最後に皆様(参加者・スタッフ・館長さん・田中音友堂さん・
駆けつけてくれた方々)にお礼が言いたくて"トリ"をさせていただいた。
つつがなくイベントが終わり感無量で演奏させていただきました。
22

 

【スタッフ編】
❶撮影班:ほうぼう歩き回ってBestShotを追求する力仕事だ
摩訶不思議&ツッチー(Aco・Road・Core)
IMG_165529664874_893236144172583_7336626339563246230_o
❷前泊スタッフ:城崎にて温泉前夜祭(中華料理店チャイナにて)。
飲みすぎ前夜祭の翌日AM5:20出発を実現してくれた"目覚し時計さん"は、やはり頼りになる
『よしおっさん』(最前列の中腰Man)
M041
M020M028
M052m064
❸音響は当日AM4:00頃に三木を出発した岡崎さん。Vocalマイク・ミキサーがワイヤレス
バンド入れ替わりが多い割にスケジュール管理が厳格なので緊張の連続だ

a4

❹司会は出演者の中で3組選出。毎度ながら上手にこなしていました。
前半:バッキー(OTTOと)&さえちゃん(バンボス一座)
中半:やっちゃん(Aco・Road・Core)&純子ママ(LadyBug)
後半:アッキー(藤本明生)&祥子ちゃん(ALVIN)
29872349_893234817506049_6926893025469178641_o29744564_893238220839042_8701852248506412090_o29662618_893240727505458_1271298712542450485_o

【準備・リハ・片付け編】
6:00AMに開館。少ない時間の中で急ピッチに設営。

a1a3
29744770_893234800839384_8508474738097145340_o29749331_893236364172561_1828259474497031296_o
9:00AMにバンド代表者集合し説明会(播州遠征組は全員集合)
29662692_893234917506039_4362392378379604298_oa
a9a8
8:00AMから音出しできてリハ開始、説明会を挟んで10:30までリハ実施
a13a5o
a5229663004_893235694172628_693705524762926231_o
29663215_893236024172595_6561468614238485843_o29663263_893235020839362_7938789928359838078_o
29750088_1021734737964393_159836150547707028_o29664820_893235087506022_7842183635747389381_o
16:30後片付け開始。皆さん手際が良くてあっという間に終了
29871641_893242980838566_2001983758457732439_o29873152_893243044171893_6036501272185579424_o
29665125_893243087505222_4856753069706584225_oe


【会場・応援編】
地元但馬のの応援団やら播州からの応援団、そして通りすがりの花見客が足を止めてくれた
演者の皆さんは楽しく一日を永楽館で過ごす

d229662694_893242594171938_5623761432542800270_o
29665092_893236020839262_7904860094480837769_od1
29749536_1021733704631163_1318146644789501650_ob
29745122_893240380838826_2104291896414128821_o29872612_893236514172546_6610568501108309307_o


【懇親会・二次会編】

出石グランドホテルの飲み放題宿泊メニューは打ち上げには本当にありがたい。
005004
006019
そしてもう一つありがたいのは、別館大部屋で宿泊できること(いや、眠らずに夜通し騒げること)
IMG_1699030
045024

かくして、2年ぶりの大人の修学旅行は終わりました!皆さまお疲れ様。
29745158_893236494172548_1565550119099372704_o

posted by ladybug at 18:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月29日

三宮のLive Spot “TeKeTeKe屋”で初めて歌わせてもらいました

就職で神戸に来たのが1978年。街角で「ワンコインコンサート(100円)」のチラシを見つけて
王子公園に会った王子会館の見に行って、主催のサークル"放句の会"に入れてもらった
そのリーダーがチャーさん。
以来、ずっと音信は続いている。
チャーさんが2か月毎に開催しているTeKeTeKe屋での定期ライブのゲストでお招きいただいて
三宮で初出演となりました。
チャーさんは元気に音楽を続けており、一安心
チャーさんのバンド(Bluebirds Special Band)のベーシスト(小野さん)との久々の再会
あらたなメンバー(もちろん僕と同世代の中西さん)との会話や、
ここ半年で、当時のメンバー(淡路島の森さん、務君、トミーや篠田君)等と再会した話や
昔話に花が咲き、気が付けば出番
音楽続けていれば、どこかでまたつながるんだなと、強く感じた一夜でした

【セットリスト】
@りんご〜旅の宿(吉田拓郎)
A海を見ていた午後(荒井由実)
Bメモリーライン(オリジナル)
C冷たい雨(山本潤子)
D雪の降る日に(かぐや姫)
Eホームにて(中島みゆき)
F糸:アンコール(中島みゆき)

29571103_1573790516067274_3511037202776615152_n

posted by ladybug at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

三木アコースティック道場 第11回

2015年9月から3か月毎に開催しているアコースティック道場
3/23に第11回を迎えた。
新たなメンバーの参加があり、盛況な道場となった。

今回は、撮影にピンボケが多く文章レポのみ

@さきちゃん
今回初参加、人前で引き語りするのは初めてとのこと
昔弾いていたギターを引っ張り出して再開。
こんな人にどんどn参加してもらいたい
AThe Elders
ホリー君とアシュトン君
二人でオリジナル曲を演奏。なかなか歌がうまく良かったな。
アコ道もついにインターナショナルに(^_-)-☆
BOne Sentence
Sugerlayとあきちゃん親子の3人
東播FJに向けてこの形態で出場予定。
これからどんどん練習を積んで仕上げていってほしい
Cいくちゃん
アコーディオン2曲を披露。デジタルメトロノームを用いてリズム重視でチャレンジ。
しかし、演奏がつっかってもメトロノームは冷酷にリズムを刻んでいたな(-_-;)
Dからあげ番長
ツッチーの弾き語りにやっちゃんのブルースハープとパーカッションが入り結構な
仕上がり感があった。ツッチーの歌は良いのでもっともっと磨けば良いな
EKANJIRO
東播FJに向けてはまだ未始動ということでソロで参加
ユニットを組んでも、一人でチャレンジする時間は必要。アコ道をこのように
利用すればよい
Fすすむちゃん
新たに手に入れたマーチン(0M-28E Retro)ががっつりとしかし繊細な音を出していたな
これで、進ちゃんはますますのめりこんでいくことであろう
Gかどやん
今回のホスト役ご苦労様
弾き語りもなかなかよく、アコ道を踏み台にして言ってほしいな
Hまりりん
今年の東播FJはソロ弾き語りで参加
それに向けて着々と準備をしている感じだ
東播FJはおじさんが多い中で、新鮮な風を送ってくれるであろう

次回は6/8 東播FJ終わった後の充実演奏が期待できる

その前に、4/2の19:00開始で番外編があるぞ

posted by ladybug at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月27日

春の休暇

年度の終わりに春休みをとることにした。
長女愛孫と純子ママとともに、原宿めあてに一泊二日の旅行だ

東京に単身赴任の時代、原宿など全く無縁であった。
オジサン一人で行くような街ではないわけで・・・。
一度見てみたいとういう気持ちが無いわけでもなく・・・。
そんなわけで孫に良いきっかけをもらって、女の子の憧れの街"原宿"へ
しかし、どうだ、平日というのにこの人込みは。しかも外国人比率が
大方30%くらい。

S0613547
S0084018

小学生以下には、”ほっぺちゃん”という可愛いスライム風のキャラクターと
"スクイーズ"というぷにゅぷにゅのリアルなおもちゃが人気のようだ。
他に、三色綿菓子とかカラフルキャンディ・定番のクレープとか

・・・・今回を機会に、"小女学"よう勉強したわ

ラメ白/クマ持星のついたほっぺちゃんオブジェS0633553
S0663564S0713573
S0793593S0743581

そしてついでながら"東京スカイツリー450mまで制覇"や"渋谷"も!
貴重なそして結構楽しい東京旅だったな。
S0883612S0024003
S0114024

posted by ladybug at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月22日

犬と泊まれる温泉宿

温泉好きの我夫婦は、毎年3月の中旬以降に温泉旅をしている
そんな我々がまだ経験していないことがあった
そう、”ワンちゃんと泊まれる温泉宿”体験だ。

ということで、ネットで探した近場の宿は鳥取倉吉市の関金温泉。
三朝温泉に次ぐラジウム温泉だそうだ。
img_0_m1498782330

しかし、愛犬ゆめは車酔いがひどく、30分のドライブですぐゲーゲーやってしまう(-_-;)
ならばと、犬用の車酔い止めの薬を飲ませることに。
これがてきめんに効いた。道中ボーっとしていたな。サービスエリアにあるDogRunでの
テンションも低すぎるくらいだ。でも現地到着してもゲーゲーは無し。

昔、海外出張の際に、時差ボケ克服のためにホテルでの就寝前に
服用していたスチュワーデス御用達の”メラトニン(日本には売っていない)”
のようなものか?ボーとしてよく寝られて、効果が切れるとすっきりしたものだ。


いずれにせよ,犬と同部屋で宿泊。温泉はママさんと交代で。
夜は落ち着かない様子もあったがおおむねOK
・・・・・これで、犬との行動半径が広がった。

7ac0e5e7665c99ff1b7e3e2721787c5bb0d7b2a8.47.1.26.2P1050698

さて、今回、純子ママが遊び心で作ったゆめ用Tシャツ
Martin Guitar仕様だ(私の着古しのおさがり)
これがなかなか似合う。音楽柴犬道 まっしぐらだ!

P1050688P1050680

posted by ladybug at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月20日

Elderly Acoustic Night 第二回 4/21

4か月毎に開催するとして昨年12月に第一回を催行し早4か月
第二回も充実した面々を招く

@まさやっこ:東播フォークジャンボリーでは一押しの女性ソロ
A音羽屋:殿下とてっちんが繰りなすシュアなサウンド
BOTTOと(Backy Rice with Keita改め)
:われらがエンターテナーBACKYが唄う熟年トリオ
Cアキノソラシ:三木きっての実力若手バンド
そしてLadyBugはいつもホストをさせていただく。

これが入場無料。はっきり言って、必見です!!
Elderly_Acoustic_Time_20180421

そして、イベントでのタイムキープに必須のカウントダウンタイマーとして新たな
ソフトウエアタイマーを導入する。
画面いっぱいに時間で表示され、操作もタッチパネルで容易にできる
Androidアプリだ。
我が家の愛犬も目を細めてイチオシしている。
P1040876

posted by ladybug at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記