2019年11月05日

温泉とライブ:奈良の旅その1

2泊3日で奈良県十津川村と五條市の温泉&ライブを楽しんだ。
いきさつは話せば長い・・・。

ミナエンタウンに5月にopenしたライブカフェMILKYSOUND。
以前、明石大蔵海岸にあるライブカフェMEREDIESでご一緒した
バンド"MILKY SOUND"リーダー優優人さんがオーナー。
開店記念ライブで奈良から来ていた方々と知り合い、その中の一人がKEIKOさん。
様々な音楽活動のリーダーシップをとっている。
彼女が主催する11/3のプラネタリウムライブに誘われていた。
そのライブを終了後、打ち上げバーベキューを楽しみ、そこに一泊して翌日も
彼女主催の五條市街のライブバー
"My Dream"でライブ・・といった1泊連ちゃんライブ企画
我々夫婦は十津川湯泉地温泉で前泊して余裕をもってプラネタライブに臨むこととした。

11/2。十津川村と言えば”源泉かけ流し温泉”・”吊り橋”・”滝”だ。
【谷瀬の吊り橋】十津川の定番観光spot。生活用吊り橋では日本一の長さ297m。高さも54mある。
結構揺れるので足がすくみながらの渡橋でした。
P1120368
P1120363P1120366

【清納の滝】ダイナミックな水の流れだが優美な姿はビーナスと称されている。
我々がしゃがんでいるすぐ下に、滝つぼの地肌(小石だらけのところ)が見えている。
私は2mほどの急峻な岩場を降りてつぼに至ろうとしたが、岩の苔に滑ってそのまま滑落
大事は無かったけれど、背中に擦り傷が・・・ ⇒年取ったら無理したらあかん。
滝への遊歩道入口付近には”3人しかのってはいけない”と看板がある大野出合い吊り橋が。
熊野川(十津川)支流の芦廼瀬川(あしのせがわ)にかかっている。こんなんが結構存在する地域だ。
そしてもう一つの滝”不動滝”。・・・観光spotがふんだんにある。
P1120411
P1120398P1120417
さて、湯泉地温泉は単純硫黄泉。効能に打ち身・擦り傷があり夕に朝に4回入湯
翌日には擦り傷がお湯に疼く度合いがかなり緩和されました。(^_-)-☆
P1120418


11/3。プラネタリウムライブ。
場所は奈良県五條市街から十津川村方向に南下した天辻峠付近にある大塔コスミックパーク
星の国。
この地域は夜は真っ暗になり、星空を鑑賞できる適地ということで、天文台とか天体望遠鏡が
設置されたログハウス、そしてライブ会場になったプラネタリウムがある。
会場ではプラネタリウムを映写してのライブ。会場は暗くし、譜面台含め必要な灯りにはすべて
赤セロハンを張り付ける徹底ぶり。
我々含め、ここで初めて演奏する人たちは、譜面が見えるか不安を抱えてステージに立ちました。
6番目演奏の我々は持参した大き目のクリップ式LED照明が赤セロハンをものともせず効果
てきめんであることを確認して以降の演奏用に供出いたしました。

会場の写真。準備時は照明を点灯。プラネタリウムの壁の一部が上昇してステージが現れる
73375446_2551524558428229_8381485763107225600_n
@まるとぼう:おそらく我々と同世代。突き詰めると時代背景から同世代はギターの使い方が
似てくるのかな?聴いていて楽しいです。
75388479_2469415466711634_983029434648887296_o
A風雅&カズ:テンションコードを駆使するブルース&フォークという感じ。昔鎌倉に居住していた
頃に聴いていた伊太地山伝兵衛サウンド
74568001_2469420336711147_1114438082238611456_o
BPon chan:ケーキ作り職人と言っても良いほど趣味の腕前。当日焼いてきてくれたケーキは
どこに行ったのかな?
73278151_2469421883377659_2730102833650073600_o
Cnaonao:ウクレレデュオ。話を伺えば色々ウクレレユニットで活動しているとのことで楽しそう
74342440_2469426100043904_8909201359610314752_o
Dハモるん:グループサウンズを一人で演奏。唄に、リードギターにサイドギターとなかなか多忙な演奏でした。
74282332_2469429136710267_2246706059781603328_o
ELadyBug:暗がりにも負けずなんとか乗り切りました。
【Set List】
❶青い夏(伊勢正三・山本潤子)
❷帰れない二人(井上陽水・忌野清志郎)
❸ホームにて(中島みゆき)
74340450_2469430686710112_2384978984233336832_o
FAZUMA:客席から「あれっ?長渕やんないの??」とヤジが。その理由は翌日に判明
75481744_2469432136709967_3799148957020454912_o
Gウク爺:客席から「あれっ?ハモ(ニカ)爺やんか!!」とヤジが。その理由は翌日に判明
73713656_2469433123376535_6724040484668309504_o
HKEIKO+とおる:主催者。早朝に会場に来てイベントを切り盛りしながらの演奏。御世話様でした。
76183112_2469437036709477_7226471011699392512_o
Iデビシャタ:二人のハーモニーがとても心地よく、また演奏もいろいろ工夫してました
75614079_2469440910042423_4563279963179974656_o
J季節風:高校時代の同級生3人がいまだに音楽でつながっている。羨ましい限りだ
73173862_2469443193375528_360265404431466496_o
K中瀬昌人:マイク取でMartinD45を演奏。70年代のプロのコンサートのギター音はこんな感じだった
76271968_2469443380042176_6846524220281716736_o

Lしげっち:MCで「ぼくちゃん」と滑らしたばっかりに”ボクッチ”って呼ばれるようになってしまった
76894237_2469445506708630_18170533455593472_o
MNontan:弾き語りでポピュラーな唄を奏でる。声量があって良い演奏でした。
74232854_2469447943375053_4804208472931434496_o
Nハルパ:斉藤和義をパワフルに演奏。Gibson系のギター音色が良く合っていました。
73238000_2469449760041538_1184335028553777152_o

無事ライブが終了して安堵の集合写真でした。
73269981_2469455646707616_3236183588961517568_o

そして、懇親会BBQに突入。音響がセットされオープンマイク・・というより
演奏者2曲回しの義務を果たさないといけない感じ。
我々LadyBugは「酒と泪と男と女」「悪女」でここも乗り切る。
いろんな人が演奏にからんできました。
夜も更け寒さが増したころお開きとなり、併設の宿で大塔温泉「星の湯」に浸かり
一日を終えました。

11/4のMyDreamでのライブ模様はBlog続編『温泉とライブ:奈良の旅その2』に続く

75435853_2470260326627148_5160226975045910528_o
74168807_2470326176620563_6176401956513251328_o
74647529_2470305469955967_7079077672654995456_o74614098_2470293756623805_403405456111828992_o
74680821_2470307756622405_389613624634638336_o74531618_2470344623285385_4679512691721633792_o
main_imghoshinoyu

posted by ladybug at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186769876

この記事へのトラックバック