2019年01月11日

冬の北海道(函館)の旅 音楽親友たちと

昨年の北海道地震で観光客が激減、そのカンフル剤として復興割による北海道格安
ツアーが目白押しだった。
正月明けの閑散期もあり、破格値で函館に二泊してきた。
嬉しかったことは、札幌在住の古くからの音楽親友ユースケさん・チコ夫婦を誘ったら
札幌から車で駆け付けて合流してくれたこと。
おかげで、寒い北海道の観光における移動は寒さ知らずの豪華な運転付となった。

裕介さんらは一昨年から大学の音楽サークルOB達によるライブを年一回開催し
昨年で2回目。その、記録映像も見せてもらえることになり、ブルーレイのデッキを
持参してくれた。こちらも、小河邸の約束2018の記録映像(これは年末に二男由が
精力
的に編集してくれたもの)をブルーレイディスクに焼いて持参した。
一泊目の冬の夜長は楽しい北と南でほぼ同時期に開催されたライブの音楽映像鑑賞
大会になった。そして、二日目と三日目は函館観光。
五稜郭・函館山・熱帯植物園と定番を楽しんだ。

空港で裕介さん夫妻と合流後、地元定番のバーガー店”ラッキーピエロ”で遅めの昼食
函館出身のグレイが良く使った店で有名
49424624_594769590971583_6236092982496329728_nP1100820

一泊目の宿は湯の川温泉"元湯啄木亭"
女湯からは函館山が一望できるとか(宿のHPより写真借用)
16100250001640740sec1_slide4
夕食では夜遅くまで語らい、気がつけばバイキング会場は我々のみに
P1100821

前夜の音楽映像鑑賞大会による"夜なべ"にもかかわらず、翌日は朝から観光パワー全開
まづは2006年に建て替わった五稜郭タワーに登り、その後五稜郭の中にある函館奉行所
この日は歴男・歴女になって幕末〜戊辰戦争最後の戦い"函館戦争"までを学習
hakodate 1701 04-2549422639_224743165078958_2939082468961026048_nbe533_0001846512_149899330_360807868048112_3878186530044379136_n
函館奉行所は、明治維新後の1871年に解体された。4年の調査を経て2010年に
当時の建物を忠実に再現したものだそうだ。
様々な資料から、日本の北方での諸外国からの脅威が大きかったことが良くわかる
P1100832
最も格式の高い"壱の間"で記念撮影。
P1100829guide-root

昼食は、老舗洋食レストラン”五島軒”建物は登録有形文化財だ
皆で、明治の洋食カレーセットを注文。大満足の味だった
shop_01s01_ph
ところで、食事前に純子ママが気にしていたのが、隣のテーブルの壁際設置のブロンズ像。
一昨年に4人で訪れた田沢湖の"辰子の像"に似ていると・・・。
食事の後にブロンズ像に近寄ると確かに「辰子の像:原像」とある。なんでここに???
五島軒の生き字引みたいなスタッフの方に訊いてついに謎が解けた。
辰子の像の作者"舟越保武"の妻”道子さん(画家)は、当時の五島軒オーナーの若山
徳次郎さんの奥さんの姉であったそうな。
そんな事実がたまたま我々のprivateな旅の中で発見できて嬉しい気持ちになりました。
49329778_350507662204554_5525430981982420992_nsP1000256
ゆっくり昼食をして、五島軒の歴史展示を見ているうちに、少し吹雪いていた天気が
収まり、早速、函館山登るためロープウエイ乗り場に。
函館山は何度も訪れているが冬は初めて。
"白い函館"の景色はこの通りの感動もの。記念撮影もばっちりだ!
しかし、風が強く、寒いわ!!!
P1100840
P1100837P1100839
src_42172289P1100843
山のふもとの名所の教会の前で記念撮影。
P1100845uP1100846u

二泊目も湯の川温泉。ホテル祥苑。
昭和の高度成長とともに増築した大きなホテル。
この宿は、インバウンドむけのビジネスを拡大しており、入口の記念撮影用の椅子を含め
そこらじゅうがアジア向けになっていた。
・・・・その日は疲れ果てて早目に床に
831top_daiyokujyo_201707831top_gaikan49781284_618799485206832_7945853818753777664_n50005867_1758497507587643_6768449003399938048_n

3日目。純子ママが楽しみにしていた猿軍団が温泉に浸かるシーンが見れる熱帯植物園に
ここは、ホテル祥苑のすぐ近くで開演そうそう入園という感じで、海外の観光客がいない中で
ゆっくり鑑賞。とにかくサル君たちのしぐさを見ているだけで楽しく。プッと吹き出すようなシーンが
満載だ。入園料300円が安すぎる。
ブーゲンビレアの棚の奥は、イベントが出来るようになっておりピアノが置いてあった。
”自由にお弾きください、毎年調律しております”
「ゆうすけさん、ここでライブするべか?」
P1100847P1110004P111000650008769_303722510145352_3102628325307187200_nP111001150277584_2474496952777382_6255717482640703488_n49723846_286822625360323_7239276418037710848_n50077657_2180875312151653_7084991593513484288_n

最終日の昼食は、"あじさい"の塩ラーメン。
美味しい塩ラーメンにはなかなか巡り合えない中でここは絶品・・・とラーメン博識の裕介さん
評価に違わずとても満足な塩ラーメンでした。
lj0007817_5b1a65b978a7e_mainIMG_6427

思いがけず、裕介さん夫妻と楽しい思い出を積み重ねることが出来た。
冬の函館満喫しました。裕介さんチコちゃんお世話になりました。

posted by ladybug at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
冬の北海道は寒くてどうなのかな〜、と思いましたが、冬もいいですね。
五稜郭、函館は行ってみたいです。
Posted by ちゅーちゃん at 2019年01月12日 13:14
ツアー代金のあまりの安さに、寒さ覚悟の出発でしたが、かつて北海道で冬を過ごした時代を思い出し、観光ならではなの(寒ければ店に入ればよい)でなかなか良い旅でしたよ。タウン観光としては函館は、札幌・小樽よりずっとよく、お薦めです。
Posted by Ladybug at 2019年01月12日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185363713

この記事へのトラックバック