2018年12月09日

小河邸の約束2018 七瀬旅レポート

011
七回目を迎えた小河邸の約束。
今年は、心穏やかに迎えることが出来た。
・演奏曲は昔から慣れ親しんだものが多くそれが多くの観客に"馴染みの曲ばかり!"に繋がる
・練習の積み上げが順調で(特に演奏隊は)、本番前の仕上がり感を持っていた
・メンバーお互いの信頼感が歳を重ねるごとに厚みを増してきた
・音響チームと演奏側が一体感を持って臨めた
・スタッフも演奏者と同じ目線だった

多くのお客様から(実はほとんどがリピートして頂いているようだ)このイベントを楽しみにしている
コメントを戴いた。
今年のコンセプト「1970年代に時空移動の旅」は多くの方に納得感を持って頂いたと思う。
・・・すべては7年の積み上げで到達したところだと思う。
こんな景色が見られる所まで来たなんて感動と感謝だ。
ありふれた言葉であるがあらためて言いたい。

ありがとうございました!

⓪いざ出陣
舞台に向かう前に、全員で気合を入れる。・・・・ほぼ毎年やってきたセレモニー
まづは、無事本番を向かえることが出来たことに感謝。そして、ふたたび気合を。
123
@オープニング『愛と風のように』・・・Bass=けんちゃんにFocus
当初、Birthdayを一曲目に持ってこようとの計画だったけど、皆で議論した結果
・インパクトがあって、一気に小河邸の約束の世界に引き込めること
・ShootArrowsが絶対的自信を持って臨めること
・今年のコンセプト(70年代への時間空間移動)に合う事
で急きょオープニング曲の変更と決まった。スクリーン背景に皆が潜んでの演奏の入り。
コーラスが売りのこの曲でメンバーのVoltage立ち上がりが急峻だったのは言うまでもない
そして、原曲に比べてはるかに力強いリズムで仕上げたこの曲、オープニングにふさわしく
演奏に重みを乗せたのがケンちゃんのベースだ。2曲目からもベースがはっきりとした輪郭を
もって、演奏を支えてくれた。
125
020
087097 (1)


A『Birthday』・・・Percussion=やっちゃんにFocus
TV番組"家族に乾杯"のテーマソングで知られているこの曲は、直前までコーラスワークに
悩んだ。冒頭のコーラスが荒っぽく聞こえ、力が入りすぎたかと反省し抑制するとひ弱な
Vocalに聞こえてしまう。しかしながら、前日と当日のリハではなんとリズミカルでしっかり流れる
演奏になっているではないか(^_-)-☆。
要は普段の練習時の音響的に、リズムセクションの音とVocalのバランスが取れていなかっただけ。
そしてリズムに於いて、終始やっちゃんのボンゴがリズムの印象を作り上げていた。
今年のパーカッションのマイキングは素晴らしく、やっちゃんの演奏はこの後もはっきり存在感を
出していた。
134
030044

B『空も飛べるはず』・・・Vocal=モリナガ君にFocus
ほぼ一年前、モリナガ君の高く張りのあるVocalにマッチする有名どころの曲は何かと思案していた
これまでの小河邸での実績で考えると、「クリスマスの約束」におけるスキマスイッチの大橋卓弥
が唄う曲が合うはず・・といった戦略で選曲し練習に臨んだ。
狙い通り、7月時点ですでに完成形が垣間見え、本番では全員が演奏に入り込めるレベル、
つまり、全員があたかも主旋を唄っている気持になる出来栄えだったと思う。
131
038105

C『赤い花白い花』
小学校の音楽の教科書で採用されるこの曲は、フォークの原点に近いところにある。
コーラスアレンジをしている中で、難しい和音の連続であったため、綺麗に仕上がるか?
と心配しながら練習に入ったが、9月の時点で到達レベルを確信できた。
5人のVocal陣でアコギ2本だけの演奏であったがかえって唄とコーラスで静寂な空間を
実現できたと思う。
133

D『ひだまりの詩』・・・Vocal=純子ママにFocus
純子ママは普段から夫婦ユニットLadyBugでたくさんの曲をレパートリーとしてるので
実は小河邸の約束での選曲は、候補が少なくなってきて難渋している。
「この曲は、優しいメロディーで純子ママにフィットするのではないか?
かつ、かなりヒットして沢山の人が口づさめるくらいだ」
という理由で選曲した。
静かなピアノのイントロと2番からのソフトなコーラスでShootArrowsの味になった。
033141035

E『愛をこめて花束を(by KUMOYURI)』・・・Electric Guitar=ワッシーにFocus
エレキギターで多くの曲に貢献しているのがリードギターのワッシーだ。昨年から参加して、いまや
ShootArrowsの演奏隊のリーディングパーソンだ。
ギターリフの研究熱心。長い間のブランクを感じさせない演奏で、音楽の心得を持っている
観客の方々からの評価も高い。私の2男夫婦(由とさやちゃん)との大学同期でサークル繋がり
であることも心の連携に大いに貢献していると思う。そして楽しんで参加してくれていることが
有難い。
177078110
 
F『Pop Star(by KUMOYURI)』
・・・Piano=明子さんにFocus
明子さんは、KUMOYURIのピアニスト。一昨年もピアノ参加している。比較的最近の
JPOPに小気味の良いタッチでしっかり演奏を支えている。ShootArrowsでの接点はないが
小河邸の約束に欠かせないメンバーだ。
054121096

 
G『プログレス(by KUMOYURI)』
・・・Bass=さやちゃんにFocus
KUMOYURIのベースとしてさやちゃんのノリノリの演奏は多くの観客の評判である。
女性のベーシストは昔からいるにはいるが、体にリズムを乗せてしっかりベースランする人は見たことが
無かった。そしてKUMOYURIでもLadyBugの家族版でも楽しんでいるところが良い。
KUMOYURIの演奏スキルの高さの大きな要素だと思う
157115062097

H『帰れない二人』
毎年演奏しているLadyBug夫婦バージョン。夫婦で年間40回位ライブに参加するように
なって、二人での演奏はすっかり手慣れたものになってしまった。
それでも、小河邸の約束での演奏だけは緊張があるので集中に心がける。
沢山の音が聞こえる小河邸の約束の中で2人でアコースティックギター2台だけでの楽曲も
変化があってよいのではと思っている。

069
071070

I『童神』・・・KeyBoard=功にFocus
功は、静岡在住の為、月例の練習には参加できない。従って、9月の旧小河家別邸フォーク
コンサートでの録音音源を頼りにキーボードアレンジを行い、キーボード音を追加した音源を送っ
てきて相互確認をする。
従って、本番前日と当日の午前しか合わせることが出来ない。その割には参加曲は多く、
LadyBugの家族バージョンでもしかり。
ほぼ10年前に家族で演奏していた童神。連絡の行き違いでこの曲を演奏することが伝わって
いなかったが、帰省した本番前々日から数回合わせ、しっかり本番にピアノを間に合わせて
くれた。素晴らしい!
055
135081092 
156

J『Beatles Medlay(Hello Goodbye⇒Let it be⇒Woman⇒Hey Jude)
・・・Piano=ノリピーにFocus
昨年に続いて、取り組んだBeatles。昨年はBeatles前期の楽曲でギター中心であったが、今年は
後期の楽曲を選定。特に、Let it beにおけるノリピーのピアノの力強い前奏、その後にも原曲を彷彿
させるplayは多くの観客を、これらの曲を初めて聴いた時代に引き連れた感があった。
その意味で、Let it beはまぎれもなく、Beatles Medlayの中核であった。
091151089
 
K『恋バス』・・・Vocal=リカちゃんにFocus 
リズミックな曲になればなるほどリカちゃんの魅力が引き出せると思う。この曲はリカちゃんのはまり歌
そして、メンバーはこの曲のリズムに乗りに乗って演奏した。
9月の旧小河家別邸でのフォークコンサートでは、バラード風アレンジでこれはこれでリカちゃんの
大人の雰囲気で演奏し大好評であったが、やはり大ホールでの演奏はリズミックなアレンジの方が
インパクトが大きい。
今年も、おじ様たちの心を鷲掴みにしたリカちゃんのVocalであった。
052145116 
 
L『虹とスニーカーの頃』
70年代後半からFolkというジャンルが消えてNewMusicというジャンルが出来ていった。
荒井由実や八神純子などNewMusicの代表者。しかしFolkの時代からNewMusicっぽく
活動していたのがTulip。
この曲は、70年代半ば以降のTulipの鉄板の曲。そのリズムと繰り返されるメロディーに多くの人が
魅せられた。今年の小河邸の約束のコンセプトを支える重要な選曲の一つ。サビの部分の主旋律
を純子ママとユニゾンしその時代をほぼ再現できたかと思う。
025034168

M『白い恋人達』・・・Vocal=粂ちゃんにFocus 
粂ちゃんのVocalが実に丁寧で、後半の盛り上がりにふさわしい演奏になった。つまり、
前奏のピアノとオルガンの絡み、ふんだんにちりばめられたシンコペーションのリズム、間奏や後半の
難しいコーラス、控えめだがしっかりとしたギターリード、根底を流れるベース、そして印象的な間奏の
スレイベル。演奏の後半に皆の一体感がどんどん醸成された。
169
112114 

N『落陽』・・・Drums=由にFocus 
七瀬旅のコンセプトを最も全面に出すための鉄板中の鉄板の選曲だ。
吉田拓郎のあの"だみ声"の印象が強いこの曲を知らない人はいない。
その印象を崩さずにShootArrowsコーラスで歌いきれるかどうかとの懸念は、9月の
旧小河家別邸でのフォークコンサートで払拭できた。
そして、演奏陣は、最後の曲にふさわしく、全力を振り絞って素晴らしいバッキングであった。
殊に、由のdrumsは後半のBeatles Medlayからノリノリで、過去の小河邸の約束に比べ
大幅なパワーアップを印象付ける演奏であった。
吉田拓郎がエレキギターに持ち替えて演奏した落陽のイメージを復元した感じだった。
057
065158

O『夢の中に(アンコール)』
Vocal陣のダンスで大盛り上がりのフィナーレとなった。
アンコールに向けて、全員超リラックス。去り行く時間を惜しみながら丁寧に演奏した。
演奏の最後の段階では、今年も無事乗り切れたことに大いに安堵感を覚えた。
181
184 

『小河邸の約束の電飾』
今年新たに作成したステージ中央のXmasTree電飾、七瀬旅のデザインは純子ママ
"小河邸の約束”電飾(ステージ向かって右)と入口は6年間使い続けている。
壊れないで欲しい!!!!
0250681020001 


『音響チーム』
岡崎さんの長い経験と近都君の若い感覚。
これはアナログミキサー歴史とデジタルミキサーの便利さに置き換えることが
出来るかと思う。
演奏側が満足できるレベルを目指すのと同様、音響側も満足できる音の
創出を目指す。観客の耳から考えれば、双方50%と50%だと思う。
7年間小河邸の約束の音響に付き合ってもらって、演奏側がどんなことにこだわるのか、
各曲の音の狙いは何かなどしっかり把握理解してもらえている。
そして、満足できる音を作るためのツールであるミキサーが大幅に便利になり、
使いこなそうとするほどITに近いスキルが必要になるが十分応えてくれている。
岡崎さんと近都君の抜群のチームプレイが、このイベントのクオリティを高め、
沢山の観客が訪れてくれる原動力と言える。
009
040046049073


『照明』
江原さんのノウハウがびっしり詰まって、すっかり2時間ぶっ通しでお任せさせていただいた。
準備段階から、オープニング時の照明タイミング、各曲のイメージの把握をしていただき、
完ぺきなライティングでメンバー皆大満足。
spotライトが目に入り残像が出来て譜面が一瞬見えなくなる我々夫婦。
年は取りたくないな⇒Spot照明が使いにくくなってしまい済みませんでした。
う〜〜ん、食べてるところのshotしか無くて申し訳ないです。
104082

『会場』
会場設営、開場後の客席誘導、オープニング時のスクリーン操作、終演後の後片付け
カンジローさん、茂君、そして駆けつけてくれた三宅さんにはいつも感謝している。
彼らとは普段から音楽つながりで、小河邸の約束を成功に導くという点で同じ目線で
協力してくれることが大変ありがたい
015003011008


『撮影』
マカロンには毎年お世話になっている。このblogレポートや小河邸の約束の記念ビデオ
はマカロンの2日間にわたるカメラ撮影の成果が無ければ成り立たない。
その成果は、会場準備から設営〜前日音響調整〜当日リハ〜本番〜終演後のプロセス
〜懇親会 とすべてのセグメントで克明、しかも印象的なShotとして表れている。
カメラマンとして使い倒しているところは申し訳ない・・けれどこれからもお願いしたい。
そして、動画記録においては沢山の固定ビデオカメラがあるものの、センターからのズームや
パンで2時間固定席に拘束された形で動画記録してくれたツッチー。彼女にはオープニング
前後のプロジェクター操作も担当してもらった。記念ビデオはツッチーがいないと成立しない。
・・・撮影隊は自撮りしないのでShotはいつも他からの借りものだ・・。
022
013037264

『受付そして片付け等』
Little Girl達が、この仕事をたいそう楽しみにしてくれていて、また義務感と責任感を持って
担当してくれている。小河邸の約束の歴史は彼女たちの成長の歴史でもある。
いつの間にか、びっくりするような接客ができるようになっている。そんな姿を見るのも我々
(じいじ、ばあば)のこのイベントでの楽しみでもある。
そして、粂ちゃんの2人のLittleBoy達、積極的に片づけを。毎年成長を見るのが楽しみだ。
また、ShootArrowsの周りには新たな命の成長も、これから生まれる命もある。
この切り口で見ていてもほっこりした幸せな気持ちになれるものだ。
007048124
110448027
450miti450447444

『アラカルト』
★モグモグタイム
「コーラスの音量合わせよう」⇒「そだね〜」(Vocal陣)
「(あれでいいんちゃう?)」(演奏陣)

「そこは音響サイドではどないにもならん」(岡崎さん)
「いや、まだなんとかなるかも・・・・デジタルやし」(近都君)
075078098
079102103
★・私語Time・・ここだけの話・ひそひそ話・雑談そして体操
042088103
046002148
★Familyの支えがあってこそ。演者もお客様も。
112468270
116119331334

★当日打ち上げは、去り行く時を惜しんで。楽しかった時間はどんどん無くなっていく。
457465469
454464461


最後に
関わってくれたすべての人々に感謝したい。「今年も無事乗り切れました」と。
市民活動センターの皆様他の後援団体の方々、協賛していただいた企業・店舗様に
スタッフの方々やShootArrowsメンバーとその家族達に
そして毎年足を運んでくださる方々に

10回を目指して?来年も頑張りましょう。
P.S 音羽さんから杉玉頂きました。唄えんようになったら妻と二人で造り酒屋でもやろうか?
いやいや! 技術的に無理。では第10回までの小河邸の約束の音楽の熟成を目指して
蒼々とした色から茶色になり枯れた音楽が奏でられるよう神様に感謝を捧げよう! 
015
118

posted by ladybug at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185170757

この記事へのトラックバック