2019年09月22日

鳥取G's Barでの初ライブ、アフアーも含め楽しく充実の時間でした

かねてから楽しみにしていた鳥取市のG's Bar Special Live
主催は鳥取在住の岡村さん。鳥取の大御所(と皆さん呼んでいました。本人はご謙遜)
共演は、姫路市夢前町の音もだちの”よしおっさん”
ウクレレ美世子さんによる名司会、石河さん・ジュンちゃんによる素晴らしい音響、そしてアフターで
いろいろな話を伺うことが出来たG's Barのマスターと奥様、とってもお世話になりました。

G's Barお開きの後に、立ち寄ったMalone houseでは、若手のギター好きの青年3人を含め
ギターを弾いて遊ばせてもらいました。
気が付いたらAM1:30 すぐ近くのホテルで床に就いたのがAM2:00。
G's BarでもMalone houseでも岡村さんの鳥取音楽人脈に触れることが出来ました。
楽しい時間を有難うございました。

ネオンサインが美しいG's Bar。店内もとても落ち着く良い雰囲気

P1120165P1120167
司会は、ウクレレ美世子さん。もちろんウクレレ弾き語りで音楽活動をやられております。
名司会ではじまるこのライブは音楽イベントとしての素晴らしい形を作っています。

P1120170

トップバッターはイベントオーナーの岡村さん。ホームグランドであり、実力に裏打ちされた
演奏で広い知名度と鳥取の音楽家の支えのようです。

P1120176P1120181
2番目は、姫路市夢前町のよしおっさん。我々LadyBugは夢前町のNarishで行う音楽
イベントで何回もお世話になっています。初孫(男)が誕生し、じいじとしての初ライブのようでした。
P1120187P1120194

この日を楽しみにしていた我々は、知られているフォークの楽曲を選んで臨みました。
皆さんの心に届いたのならうれしいな。
【Set List】
@冷たい雨(HiFiSet)
A青い夏(伊勢正三・山本潤子)
B貝殻節(鳥取県民謡)
C糸(中島みゆき)
D帰れない二人(井上陽水・忌野清志郎)
E酒と泪と男と女(河島英五)
Fりんご〜旅の宿:アンコール(吉田拓郎)

P1120200
終演後の懇親会。それぞれの人の"音となり"に触れることが出来るこういう機会は純子ママと
ともにとても好きだし、大事にしている。マスターのG'sにかける思いも伝わってきて、短いながら
とても良い時間でした。

P1120208
さてさて、この日の宿である街中の鳥取シティホテルにほど近い音楽spot"Malone House"
に岡村さん夫妻・石河さん、ウクレレ美世子さんに連れてきてもらいました。
狭い店内だけれど、壁にアコギがずらっとかけてあり、それをお客さんが自由に弾いて
ミニセッションが始まるというとても面白い場所。こんなspotは見たことが無く、既に居た
3人の青年と2人のお客さんとひと騒ぎさせてもらいました。
LadyBugとしても「Five Spot」・「闇夜の国から」を演奏。
店を出たのがAM1:30。楽しい楽しい夜遊びでした。
(店構えの写真を撮り損ねたのでネットにある冬の写真を拝借しました)

P1120212P112021426904630_521341948250630_1298864061205240412_n

翌朝、徒歩5分の所にある日の丸温泉銭湯に。なんと源泉かけ流しの温泉銭湯だ。
朝6:00からオープン。鳥取の駅前付近にある鳥取温泉に存在する4つの温泉銭湯
の中の一つ。温泉好きの我々には堪らない。

P1120215P1120217

帰宅前に賀露市場で”白いか”・”ベニズワイガニ"・”モサエビ”・"干しカレイ"をゲット。
他にもはたはた、さごし、たい、ノドクロなど豊富に水揚げされて9月の賀露市場は
大変魅力的。
こうして、鳥取での1泊2日のライブ旅は、楽しい時間の連続で終わった。
鳥取の皆さま、お世話になりました。

posted by ladybug at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月20日

津山まで、息抜きプチ旅行

10年前に、津山城跡に再建された太鼓櫓。
これで、津山市のシンボルらしくなって少しは観光客が増えたようだ。
かつては栄えたであろう城下町の商店街は、地方都市のご多分に漏れずシャッター街化
しているが、地元の人々の街や城に対する誇りは随所に感じられた。
城跡のすぐそばに、ワン泊OKの温泉ホテルが今年初めにオープン。漸く訪れることが出来た。
”シロヤマタラス”、我々が好んでいる淡路島の”ホテル島花”、香川県の”阿讃琴南”
つまりホテルニュー淡路グループの犬OKホテルシリーズだ。

S0620238
このホテルの8階の風呂・7階のレストラン・9階の屋上テラスから津山城の太鼓櫓を
見ることが出来る。夜はライトアップされ綺麗だ。桜の季節が美しいようだ。
1階のレストランから見える庭園も整備されている。

img_slide_hotspring_01img_mainimg_dining_01img_dining_02
さて、もうひとつの見どころは、『津山まなびの鉄道館』
そのメインが、保存展示されている転車台と蒸気機関車をはじめとした昭和レトロの
実物13両の機関車両たち。D51型蒸気機関車、DD13型ディーゼル機関車、キハ181型気動車など
これらが扇形機関車庫に整然と収められている。鉄道ファンなら堪らないだろう。
アジアの観光客が訪問していたが、山陰・山陽のいくつかの路線鉄道拠点として栄えた津山だからこそ
整備された設備。アジアにはそんなにないのであろうな。
実物は静態展示だが、ジオラマと鉄道模型が整備され、車庫から出て来て転車台で回転され、
ジオラマ津山市を一周してまた車庫に戻るイベントが一時間おきに行われ、これがまた
なかなか面白い。津山に行ったなら立ち寄るべきspotだ。
S0450199S0440198
S0390193S0460200
S0530211
ユメはすっかりDrive慣れして、車酔いが少なくなったが、運転中はこのように純子ママの
膝の上で睡眠だ。因みに、N-VAN車のシフトレバーはオプションで柴犬肉球にした。
この車、名付けて”ユメ号”とした。(^_-)-☆

S0630240

posted by ladybug at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月15日

Banboss De Night(9/14)終了

2年半ぶりにBanboss De Nightに出演。
バンボスさんが力を入れている定期ライブなので緊張して臨む。
今回の、主催者のバンボス一座に加えての共演者は”てるみん”

数年前にご主人が健在な際に、明石で”花子Baby”の夫婦ユニットで
聴かせてもらって以来だ。ご主人を亡くしてからも気丈にソロ活動をしている。
花子Baby:はるちゃんが随分成長して会場にやってきた。

控室は、1階のライブ会場の吹き抜けの2階。
その控室で、てるみんの出番の間、はるちゃんとまるで孫娘のように遊んだ。
自分の孫娘はすっかり成長しているので、昔に戻った様な感覚で。
子供は無邪気で、宝だとつくづく思う。
・・・自分たちも、息子を友人に見てもらってステージをやったり
愛孫のときも(お嫁さんがベースを弾いて家族バンドをしていたので)
知人に見てもらったりしたものだった。
P1120147P1120153
頑張ってお母さんしながら働いて、音楽やって・・。
てるみんの唄の響きはそんな心を反映しているような感じだった。
P1120151

バンボス一座は、いつも通りの安定した演奏。
演奏以上に感激するのは、機材をセットしてゲストの我々に十分と言えるほどの
音響配慮をしてくれたこと。実に頭が下がる。
70944864_2414745081953367_4401504500943159296_n

出番前に、はるちゃんとみっちり遊んだせいか
、緊張もなく、
まるで”自宅の2階から階段降りて練習部屋でピアノを弾いて演奏を始めた”みたいな感覚でした。
【Set List】
@水曜日の午後
A闇夜の国から
B青い夏
C貝殻節
D帰れない二人
E片恋
70403085_2414745191953356_1796542643337953280_n
70614524_2414745241953351_8724952798824759296_n

終演後、お客さんとして来てくれた知人たちとバンボスさん、さえちゃんと
恒例の、中華料理打ち上げ・天竺にて
今夜も楽しい時間を頂けて、ありがとう。

P1120159

posted by ladybug at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月13日

バッキー&フレンズ@六甲フォロロマーノさとる(9/11)

バッキーに誘われ、フォロロマーノさとるで歌って遊んできました。
店のマスターとママさんには、「犬連れてきてもいいよ!」
と言われていたので、久々に愛犬ユメ連れで室内ライブとなりました。
共演は、主催のバッキーwithケータ、1970年代後半に神戸に居住
したころからの音楽知り合いの治井ツトム君、そして三木からBOSU
皆、馴染みなのでとても気楽な和気あいあいな音楽イベントになった。

マスターにおさとるさんと出演者で記念ショット。ユメも賢く登場。
P1120088
@バッキーwithケータ
いつもながらアドリブの"与作"、"ふかく碧くとおく"などいつものレパートリーを披露。

P1120101
ABOSU
三木アコースティック道場の定番バンド。最近は精力的に三木から出て経験値を上げている。
実に楽しそうだ。

P1120110
B治井務
安定したフィンガーピッキングは昔からの武器。
色あせない歌とギターフィンガリングは目を閉じていれば昔を思い出す。
P1120115
CLadybug
数日前に旧小河家別邸のイベントを終え、日常間の中で、またLadyBugでの演奏に立ち戻った。
リラックスして良い演奏が出来たかな(^_-)-☆
【SetList】
❶闇夜の国から
❷青い夏
❸貝殻節
❹帰れない二人
❺糸
P1120136 
ユメはライブ中おとなしく、本当に良い子だと思う(親バカだが)

P1120145P1120090

posted by ladybug at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

旧小河家別邸フォークコンサート(9/8)

_DSC0074
2019小河邸の約束シリーズがついに開幕した。
6月からチケット販売を開始したが早々に満席になる勢い
8月には満席が確定し、それでも観覧希望の方がいらしゃることで
席数を20%増やして対応。
何とか、椅子を確保し、50名のお客様を迎えた。
遠方(福崎・姫路・西脇など)からお越しの方々も居て
このイベントが広く浸透しつつあることに感動しました。

(最初の写真は福崎・姫路からのおともだち、次の写真はボカシ処理したものです)
P1120080image1568347331

詰め詰めの椅子席にも拘わらず、演奏側との至近距離で楽しんで
くださる方が多く、馴染みの方々に囲まれての演奏でした。
関東直撃の台風による気圧の影響で9月ではめったにない猛暑。
リハから本番まで猛暑は続きました。
(写真はリハーサル)
09082_DSC0042

本番では汗が目に染みて、サウナ状態での演奏でした。
そのサウナに観客の皆さんも同室状態。 小河邸の約束・イン・サウナ・・・て感じでした。
それでも、メンバーの士気高く、大いに気合を入れてから本番に臨みました。
そして、旧小河家別邸の保存と活用をする会の会長”小河さん”からの例年のあいさつでイベントは始まった。
P1120083P1120081
09083
@「銀の指環」:LVo⇒バンマス
最近は、かつて耳馴染みであった曲を意識的に選んでいる。
1970年代中版、フォークブームからニューミュージックと変遷する中で
チューリップはザ・ベスト10などのTVにこだわりなく出演していた。
昔これを聴いた頃は、何か商業主義的で好きではなかったが、今は
「楽しい歌で皆さんが周知なものなら良い」という感じ。
演奏もコーラスも平易なアレンジで、オープニングの景気づけにぴったり
の曲であった
A「冷たい雨」:LVo⇒純子ママ
LadyBugでもレパートリにしているこの曲は、美しいコーラスアレンジ
とその実践がキー。本番前に修正を加えてなんとか間に合った。
純子ママのVocalがシュアなだけに、次回までにコーラスはもっともっと磨きたい
演奏隊は上出来。でした!
@でもAでもワッシーのエレキギターリードプレイは冴えてましたね (^_-)-☆
09085S__19693574
B「らいおんハート」:LVo⇒全員
随所にmaj7・maj9のコーラスが入る難しいアレンジで、ShootArrowsにとって
なかなか克服しがたい楽曲の類。
手厳しいが「悪くはないが、感動的でもない」というところか。
まだまだ細かい改善が必要
一方、演奏隊は善戦だ

C「貝殻節」:LadyBug
歌い込んで来た成果が漸く出てきた感じだ。
今までにないLadyBugの楽曲ジャンルであり、年配・同輩の方々の支持が得られて
いる感触。やはり日本民謡は良い。(写真はリハ)
S__4554769 
Dにじいろ:くもゆり
くもゆりは若い感覚の演奏で、いつもLadybugとの対比を楽しんでもらっている
ShootArrowsの演奏の合間に、差し込む変化としてとても効果的
真面目に練習するので安心して見ていられる。(写真はリハ)

S__19693580 
E全力少年:LVo⇒モリナガ君
飛び跳ねるような歌い方のモリナガ君にやってもらったのは躍動的なこの曲。
スキマスイッチの声にもはまるとの戦略
ところが、コーラスが極めて難しく、思うように仕上がらず本番直前に修正。
もちろん9/8での演奏には間に合わせたが、より高みを目指して精進の手を抜けないとの思い。
ここでも演奏陣の頑張りは光る!
FFirst Love:LVo⇒リカちゃん
宇多田ヒカルの唄はかなりリカちゃんに合う。
一昨年の「花束を君に」に味をしめ、今年も有名楽曲に挑戦
あまりにソロが良いので、コーラスアレンジを控えめにした結果、いい感じに仕上がった。
演奏では、ピアノ・ベース・パーカッションを基盤として、ガットギターとやっちゃんの鉄琴が渋く存在感を出していた
S__19693583S__19693581S__19693590

Gさよなら:LVo⇒粂ちゃん
観客の心を最も多く掴んだ演奏ではなかったか。
楽曲の知名度はもちろんだけど、唄の再現性や演奏の忠実性など
我ながら上出来ではなかったか。
他の楽曲に比べて一足先に出来上がりつつあるという感じ。
完成度が上がるとメンバー皆、グット盛り上がって演奏できる
H希望の轍
選曲当初、この曲が巧く仕上がるかどうかすごく心配だったけれど、初期の頃の
練習で、一番早く"できる感”を見通せた。
特にコーラスは元気過ぎて、本番前に修正を入れたくらいだ。
こういったリズム中心の唄がこなせるようになったのは8年間の積み上げの成果なの
だろうな。リズムは今回新調したデジタルパーカッションがまるでドラムセットのような
重厚なバスドラ音を出していた。イントロの難しいピアノも本番に間に合って最後
の曲にふさわしい出来だった

S__19693582S__4554770S__19693585
I「Please Mr.Postman(アンコール)」:LVo⇒全員
3年続けてBeatlesカバーをやってみて感じていることは、
「彼らの楽曲は実にShootArrowsでやりやすい(合っている)」ということ
全員で楽しく歌い、演奏できることがかなり重要なバンドファクターであろう。
これを演奏し終えて、あまりに1時間の速さを感じたのは私だけではなく観客含む全員であったろう。
でも、まづ大きな第一弾をやり遂げて安堵。
2019小河邸シリーズは2020/1月まで続く。

09086
終演後、お客様を一人一人お見送り。皆さん満足されて、多くの賞賛の言葉をかけてもらいました。
片付けを終えて、我が家で慰労会。
皆充実感を持っているな。終わった後の安ど感のためにこれをやっているようなものかな。
さあ、次は11月24日のホールでのライブだ。まだまだ頑張るぞ!

P1120086

posted by ladybug at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月04日

旧小河家別邸ライブカウントダウン

8日に迫ってきたコンサート、練習で残すは直前練習(前日夜)のみ。
いつも思うけれど、楽曲が決まってから、月一回の練習が5,6,7,8,9月と5回
全体練習は、個人練習の積み上げの確認の場だ。
9月の段階ではなかなか完ぺきといえるところに到達しないけれど
出来るだけの修正努力はしたい。
各メンバーの練習の集合体で出来上がるサウンドだから、運動会で言えば
組体操のようなもの。各人が全体にもたれてしまうと結果は出ない。
残された時間で現時点での完成形をしっかり作り上げよう

神戸新聞の朝刊に掲載された。
いつもありがたい。チケットは完売で+αのひねり出しで主催者は苦労している
ようだ。・・・嬉しい悲鳴。
0904kobenp

posted by ladybug at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記