2018年06月22日

札幌でのライブと北海道秘湯の旅

自宅の近所つながりのほぼ同世代の3組の友人夫婦と年一回旅をする。
名付けて”4つの夫婦会”。
皆さん還暦過ぎで、悠々自適の一歩手前の状態。時間に余裕がある。
今年は、4年に一回まわってってくる幹事役となり、皆さんのご要望が
「松崎さんが幹事なら北海道に行きたい!」
そんなことから、道産子の名誉にかけて2泊3日のdeepな秘湯の旅を企画。

それだけでは飽き足らず、音楽親友の裕介さんに声をかけたら
札幌でのライブを企画してくれた。ライブ翌日の夫婦二人の温泉宿泊を
含めて4泊5日の北海道旅行となった。

12日:札幌着⇒Boston Clubにて旧友たちと同窓会ライブ
13日:夫婦で十勝鹿追町にある秘湯”かんの温泉”
14日:4つの夫婦会で大雪山の”湯元白金温泉
15日:4つの夫婦会で大雪山の”旭岳温泉湯元湧駒荘”

【6/12:Boston Clubでのライブ】
何十年ぶりだろうか、北大フォークソング研究会後輩、原君(AG)・
花房君(AG/Vo)と再会。
そして札幌でのライブではは必ずと言っていいほど一緒する高谷君(カホン)・岡君(EPiano)
今でも、皆音楽続けている。

S0514095

高校時代からの音楽仲間、菅君とその仲間たち
20代の前半「音楽で生活できないだろうか」と真剣に話した私のバンド相方の金野慎君
が教師時代にが育てた人達だ。一年前に金野君が亡くなって以来初めての演奏。
今回を機会に、音楽活動を再開してくれれば嬉しいな。
菅よ、頑張れ!

S0584111

女TrioのFizz・いわずと知れた当時札幌の音楽界を風靡したバンド。
皆、その音楽をもう一度聞きたくて集まってくれる
当日、2時間くらいしか3人の練習が出来なかった割には上出来。
S0574110
そして、すっかりお世話になった裕介組(裕介さん・チコ・タケボー)
東播FJin永楽館で関西の皆さんにもすっかりおなじみになりました。
GAROのカバーがいいよね!
S0494093
我々LadyBugはアンコールまで頂き全4曲演奏。その中でなんといっても、後輩の岡君が
KBD/EPianoで参加してくれた「空と海の輝きに向けて」が秀逸
岡君の底力を感じた演奏で、彼が入ることが癖になりそうだ。
【セットリスト】
@青い夏(伊勢正三・山本潤子)
Aホームにて(中島みゆき)
B空と海の輝きに向けて(荒井由実)
C糸(アンコール:中島みゆき)

S_8153671365132
集まってくれた観客は皆昔の音楽仲間たち。総勢40人ばかりの盛況な時間だった。
名残惜しそうに遅くまで残った人たちだけで記念撮影。

S0624121

【6/13:十勝鹿追町かんの温泉】
仕事で十勝地区に行くたびに気になっていた秘湯。仕事帰りで泊まれるような場所ではなく
いつかprivateでと思っていた。ようやく実現。
泉質が異なる11種類の源泉がかけ流しで各々の湯舟に注がれている。
温泉好きにはたまらない宿だ。(宿にたどり着くのが不安になるくらいの山道を進んでたどり着く)

3_2main_ikorobokka3_2main_inanannoo3_2main_konkani
3_2main_shirokani3_2main_syunrokuko3_2main_inananner
波切の湯への洞窟波切の湯の入り口S0754149
道中寄った、”神田日勝美術館”・”福原記念美術館”もなかなかのもの。
絵画に興味ある純子ママは大満足であったようだ。
WS000005shikaoi001
museum201608_ph004984-3
また、占冠SAの定番ソフトクリームを食し、高倉健主演映画”ポッポや”のロケ駅”幌舞駅
・・実際の駅名は”幾寅”にも立ち寄ってみた。なかなか充実の時間だった。

S0664129SONY DSCS0904188S0824168

【6/14:大雪山湯元白金温泉ホテル
白金温泉がある美瑛町は花畑が整備され多数の観光客が訪れる。最近はアジアの観光客が
多数。ここ20年の新名所である青い池、還暦世代には懐かしい”ケンとメリーのスカイライン”
のCMに登場するポプラの木、断層の間から流れ落ちる”白髭の滝”などあり見どころ満載
白金温泉はマグネシウムが含まれる深い緑の色の濁り湯。もちろん源泉かけ流しだ。

S0954198S0934196S0025002
photo_roten05th0OBI5BL5
尚、秘湯の旅のメインイベントとして、町の有志たちがボランティアでメンテしている屋外の
無料混浴露天風呂”吹上温泉”にトライ。珍しい酸性の湯だ・もちろん源泉かけ流し。
水着着用したのだが脱衣場がオープン(壁も屋根もない)で困った!!
浴槽は上下2段。下段が広く皆ここを利用。野趣あふれていたな!

57906372fukiageonsen1

【6/15:大雪山旭岳温泉湯元湧駒荘】
旭岳ロープウエイは強風ですぐ運転中止となる。このため朝一番で運転を確かめAMは
旭岳麓の雪のTrailに行くことにした。標高約1000mのTrailだ
途中にあるいくつかの湖は凍結状態、唯一夫婦池の右側だけがその姿を現していた。
S0145033S0315085
S0225059S0495124
旭岳を後にして旭川市(ここは私の生まれ故郷)に戻り、旭川ラーメンの上位ランキング
にあるくさびで昼食。ここの味噌ラーメンは上等だ。皆喜んでくれた。
S03650942414319044_e0c170c701_z

午後は、旭川動物園。何度か訪れている。今回新たに見たのはオオカミの森、オリの中が
自然の山のように仕立てられている。すぐ近くで動物たちが見られるのがここの特徴だ

_IGP4147-1_RS0375095
S0395097S0415099

最後の夜はいよいよ湧駒荘。5種類の源泉を持つ歴史ある湯舟が特徴だ。山小屋風の
客室も上等。山の湧水を使った無料コーヒーサービスの喫茶ルームもまた良い。
この宿を経験したら他に泊まれない。お陰様で友人夫婦達には企画を絶賛頂いた。
about_outside
shikoro_image01yuko_image03yuko_image01
shikoro_image03yuko_image04kami_image01
fac_slide04S0455111

なかなか濃〜い4泊5日。再会できた友も多く、観光も含め充実の旅だったな。

posted by ladybug at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記