2017年08月16日

お盆の家族旅行

例年、お盆は家族が集合する。
今年亡くなった妻の父の初盆に皆で出席。その後は、賑やかな昼食や夕食が続いた。
長男・次男夫妻と愛孫との浜坂への一泊旅行も雨天ながら"浜に船に"と遊びに興じ
豊かな時間を送ることが出来た。
最終日の今日は長男と小河邸の確認の練習を軽くおさらい。
長男はこの後は、本番前日までネット経由でしか音の確認ができない。
そうして、我が家に
静寂が戻った。
・・・・良いお盆休みであったな。


タープテントにつけた防虫メッシュが活躍だ。
DSCF3201


孫たちが海で遊ぶのをまったりと眺める。ビールを飲みながら

P1000320P1000314

天気が悪くても楽しむ。海に船に・・・だ

P1000311P1000330

そして、長男と小河邸の練習。

DSCF3207

posted by ladybug at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月09日

鳥取の定宿で温泉休息

無性に温泉に浸かりたい・・・思い立って鳥取のいつもの温泉宿を確保したが
予約日は台風にて断念。幸いにも翌日に部屋が空いていたのでいそいそ
出かけた。行先は浜村温泉。24時間風呂に入れる


特に観光目当ては何もなく、夕に朝にひたすら湯に浸かる。
温泉に関しては、妻と考え方が一心同体というより合同形だ。
ふやけるほど入ったので体が妙にだるいが、心地よい疲れだな。

現地バージョンのビールと地元ワイン(北条ワイン)をゲット。

鳥取県人はいいなあ。たくさん温泉が近くにあって・・・。


DSCF3198
DSCF3199

posted by ladybug at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月07日

Narish One summer night

20206410_482837748731815_345735744_n


恒例の”Narish One Summer Night” 4年目を迎える。
ここは、日が暮れてからとても涼しく素敵なライブ会場になる。
ありがたくも初回から毎年歌わせてもらっている。皆さんとはもう、すっかり顔なじみ
毎年、たくさんの方が小河邸の約束に来てくれる。
いつも感じるのだけれど、あの場所は「お盆で帰省して故郷の友人とワイワイ」みたいな錯覚を持つ。

いつの間に皆さんもギター歌い手さんに変わってもいる。
とても良いことだし、そちらの話題も増えて、今年も放課後は会話が弾み不夜城状態に

そして、とてもありがたい写真がこれ。名付けて "月の影Shot"
オリジナルの歌"月の影"にぴったりのテーク(撮影のよしおっさんに感謝)
20632635_489125791436344_1865511121_n
【セットリスト】
・冷たい雨(ハイファイセット)
・ホームにて(中島みゆき)
・青い夏(伊勢正三・山本潤子)
・月の影(オリジナル)
・FiveSpot(オリジナル:アンコール)


そして共演した方々は
@Naga-Yama
いつもながらのフィンガーピッキング。乾いたサウンドだ

20621214_489457534736503_4437065286839543110_n

A川端忠
垂水の喫茶Faithでお馴染み。すごく太い声でソロなのに迫力あり
20663931_489457594736497_5712180394152413744_n

Bたまりえ
最初から出ていて、ステージもすっかり慣れたものだ
20597439_489457651403158_8204916052384770517_n

Cのんのん&くみくみ
ギターを習い始めて、今がとても面白いと。先生(岡本さん)のサポートで披露
・・くみちゃんの唄がなかなか良い
20604172_489457708069819_1211353876882117050_n

Dエリッシュ
先日、MEREDIESのBackyプレゼンツの還暦ライブで初めて聞いた"播州フレンズ"の
ご夫婦。きれいな声で歌う。旦那さんのギターワークも良い
20663649_489457771403146_5349839667207732305_n

Eくみちゃんの読み聞かせ
これがないと始まらないね。今宵はお母さんを亡くした娘さんの参観日にお父さんが
なんとか駆けつける心温まるお話。
娘を持つよしおっさんはグチョグチョだ
20621055_489457821403141_6565039094756751999_n

FEMI&GEN
"唄う百貨店"と呼ばれているほど、いつも多彩な選曲。
最初の年から連続して一緒の演奏をさせてもらっているので2人の演奏を聴くと
Narishを感じて
しまう。
20621932_489457868069803_418377116568028187_n

かくして、今年も終わった。
顔なじみのお客さん達が居て、終演後の団らん
LadyBugのイラストを作ってくれた"こつぶちゃん"とお母さん、地元出演者のご家族の方々
そして、駆けつけてくれたALVINさん。
皆さん感謝だよ

そして、主催のよしおっさんや音響のNaga-Yamaさんらお世話になりました。

気分よく帰路について、道端でたむろする鹿に2度も遭遇。
始めてきたときに、地元の皆さんに言われた
「鹿だけは轢いたら大損ですよ!角が引っかかって車の下から引っ張り出せないし、
鹿肉は誰も引き取ってくれない・・・」
当然、鹿に注意しながらの運転で帰宅でした。

・・・轢くならイノシシらしい。牡丹鍋の・・・。

posted by ladybug at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月04日

金野慎君を偲ぶ・・その2

札幌で金野君の霊前に手を合わせてきた。
40年ぶりに奥さんとも会った。
なんとか明るくふるまってくれたことに感謝。
彼女のそんなシーン、昔もあったな。
僕と金野で臨んだ1976年の全国フォーク音楽祭全国大会で何も賞に該当しなかった際
東京に同行してくれていた彼女は、金野と僕に対して極力明るくふるまってくれた。

金野は写真とか録音で演奏を残すことにこだわっていなかったのでほとんど記録が金野家に
無いとわかり、帰宅してから自宅で家探しして昔のカセットテープを見つけた。

昔のWalkManのようなカセットプレイヤーが安価で入手でき、手軽にデジタル化できた。
これを思い出として、奥さんにも送ることにした。

しかし、今聴いても、金野の音楽性の高さには驚いてしまう。
ギター・ピアノ・バイオリン、そしてコーラスと縦横無尽だ。

僕は、当時「音楽で食べていけないかな?」と思っていたが、金野の生音・肉声を聞くと
本当に真剣で、僕と同じ思いをした瞬間もあったのではないか、いやあったと思いたい。

青春の思い出ではあるが、僕にとっては金野との思い出だ、記憶の中では若いままの金野との
DSCF3195

posted by ladybug at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記