2017年03月26日

3月の骨休め

ほぼ毎年、3月には2~3日の骨休めの温泉旅行を楽しんでいる
2014:皆生温泉(鳥取)〜温泉津温泉(島根)
2015:鞆の浦(福山市)と祖谷温泉(徳島)
2016:行っていない??・・・出石の芝居小屋永楽館での東播FJ準備で飛んでいた

ということで2年ぶりとなったが、鳥取三朝温泉と岡山湯原温泉を周遊

温泉をすき好むという、実に年寄の風情であるが、年相応でもある。
妻も無類の温泉好きだ。
そしてドライブ中、小河邸の約束2017課題曲のコーラス練習にいそしみ、
四六時中楽しいのだ。
また、今回は、遠出でもないのでゆっくりいろいろ物見遊山でもあった。

大原宿(美作市)→鳥取市立歴史博物館→三朝温泉→
倉吉白壁土蔵群→湯梨浜町燕趙園(中国庭園)→湯原温泉
→神庭の滝→勝山町並み保存地区

温泉は、三朝・湯原各々に無料の混浴があった。
三朝の河原湯は脱衣場が一つしかなく、また町民が石鹸・シャンプーを持参して河川敷
で何も隠さず体を洗う現実に純子ママは入湯断念
しかし、湯原の砂湯は専用湯着をまとってリベンジ入湯が叶う。
時代に合わせて混浴マナーを守っている湯原に軍配が上がった。

2日間、ゆっくり湯につかり、仕事も音楽もやる気満々になった。
人間気分転換はとても大事だなと改めて認識した次第だ。

S0237157
Misasa_Bimage
↑川べりに立つ食堂から丸見えの混浴の"河原湯”・・・・無理だな!
image
↑河原湯など問題にならない宿の湯だ!
S0027060
↑大原宿:三木の湯の山街道もこれくらい整備したいものだ
S0247162
↑倉吉の土蔵群はよく整備され若い人の店も目立ち活発だ
S0627307
↑すべての建物の玄関に個性的な暖簾を飾る勝山

thLK24STXIth3ILPK09G
↑湯原温泉の無料の"砂湯"は、男女脱衣場あり、当然混浴マナーもあり
yubarakokusai
↑宿の屋上にある風呂は景色抜群だ。

S0057076
↑鳥取東照宮、徳川家に忠誠をつくした池田家:西国の将軍とよばれたそうな
DSCF7219S0407212
↑中国庭園の燕趙園。中で開催された中国雑技シヨーは必見
S0087094
↑山越えドライブで峠には残雪(佐谷峠)
S0477250S0547279

↑今回一押しの神庭の滝。落差100m・幅15m。ニホンザルが生息しており

人慣れしている(その割に人にものをねだらない)

posted by ladybug at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

旧小河家別邸リニューアル

旧小河家別邸では、毎年9月に"旧小河家別邸の保存と活用をする会”
主催で、フォークコンサートをやっており、これが企画バンドShootArrowsに
とって、「小河邸の約束」のスタートイベントになっている。

今年は、耐震上の問題で公開されていなかった女中部屋などの工事が完了し
その公開が5月からスタートする。

その記念イベントとして
”旧小河家別邸Renewal Openフォークコンサート”が
5/14・5/28・6/11の3回にわたって計画されることになり我々にとって特別な
年になった。
その音楽の企画を我々LadyBugが任され、いろいろ計画してきた。

このたび、企画内容が固まり、いよいよPR開始となった。

毎回LadyBugホストでゲストミュージシャンを招待して一時間イベントを行う

@5/14は東播FJでお馴染みの明石のMOTOさんを呼ぶ

A5/28は地元三木の若手男女ユニット"アキノソラ"を招待
B6/11はShootArrowsのスピンユニット"KUMOYURI"と

毎回、1曲コラボする計画だ

良い演奏になると思う。入場無料なので早く来た人勝ちだ

フォークコンサートチラシ

posted by ladybug at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月19日

村井敏朗 桜ツアー2017inHYOUGO~ono 喫茶マカール(3/18)の前座出演

小野にある喫茶マカールは、東播FJや小河邸の約束などの宣伝で
何回か歌わせていただいたところ。
東播FJでいつも出演してもらっているチェリバレ(チェリー&バレー)の二人と知り合った
のもマカール。
そのチェリバレの桜井さんプレゼンツによる村井敏朗桜ツーアーライブの前座を
させていただいた。

前座は、ほかに"マカロン"(摩訶不思議)と”チェリバレ"

村井さんは加古川出身のプロシンガーソングライター。
通称こと、Binちゃん

村井さんと会話する中で同世代であることがわかり、1970年代初頭
に姫路・加古川・高砂・明石・神戸・小野・三木・加西の一円で当時
のアマチュアが参加する一大サークルの中核人物であったことを知った。

よって、5年目を迎える東播FJに参加してくれる、人たちの多くが知り合
いであったことも知った。
当日、リスナー参加のTOMO-Gもその一人
S0047015

 

http://www.binvoice.com/index.html


1981に上京以来、音楽を継続。いろいろな苦労があったろうと推察されるが
その歌と演奏は、僕が持っていた関西の音楽(ベタなブルース)とは異なり
ピュアなポップスまたはフォーク調の弾き語りで、僕の出身の北海道の音楽に
近いものがあり親近感を覚えた。

また、個々のリスナーさんとのつながりを大事にしており、仕事として音楽をやって
いる基本姿勢になっている。

そんな村井さんと知り合えたのも音楽のそして桜井さんのおかげだ。
ライブ後の談笑もアットホームで実に心地の良い時間を過ごさせていただいた。


《村井さんを囲んで談笑》
S0107041
S0127053

《村井さんステージ・後半は崎谷さんのギターが歌を引き立てる》
村井さんの唄も崎谷さんのギターも秀逸

S0077022
S0097033

《マカロンは完全アウェイでも不屈の精神力で乗り切る》
S0906171

《チェリバレは桜井さんのだみ声+崎谷さんの上質なギターが聴かせる》
S0027009

《LadyBugはそろそろ東播FJを意識した真剣演奏で臨む》

【セットリスト】
@ホームにて(中島みゆき)
AFive Spot(オリジナル)
B青い夏(伊勢正三)

S0926178

posted by ladybug at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月15日

東播FJ 2階会場向け横断幕

 

今年の東播フォークジャンボリーは二会場同時開催なのだが
新たな会場として使うのは二階中会議室。これを喫茶店風にする。

ステージは3階ホールに比べ小ぶりということなのだが、東播FJの公式会場
ということもあり、横断幕を作成した。横180cm縦75cmだ。

2014年に作ったものは横360cm縦150cmだからその1/4だ
見比べてみたらよくわかる。
2014版は吊り下げ用の洗濯ポールで3.6mを越すものを探すのに苦労
したが、今回のものはどこにでもある洗濯ポールで間に合いそうだ

共通デザインの横断幕で2会場で一体感を持ちたい!!

SmallFlag

DSC02753

posted by ladybug at 14:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月12日

BANBOSS de NIGHT(3/11)

 

昨日は、かねてから楽しみにしていたBANBOSSさん主催の

『BANBOSS de NIGHT』にゲストバンドとして出演させて頂いた。

会場は姫路広畑区にあるPuuTeeCafe

木造りの素敵なCafeです。
優しいママさんと働き者のマスターで、ライブイベントも盛ん

477265_f93236b096da4697afee09c2484d02e3
https://www.puutee-cafe.com/

BANBOSSさんとは昨年、よしおっさんの主催する夢前町NARISHでの
サマーコンサートで知り合ったのだが、実は、1998年夏に、
姫路市砥堀のそうめん滝キャンプ場で開催された夜通しライブ
に家族(我々夫婦・長男・二男・三男)で参加したことがあり、
”その主催者がBANBOSSさんであった”とその時に知った。

だから約20年ぶりの再会であった。

そんな縁もあり、ありがたくも『BANBOSS de NIGHT』に出演
させていただくことになった。

始めはBANBOSS一座(BANBOSSさんとさえちゃん)の演奏。
やはり、長年歌ってきている実力は本物。じっくり落ち着いて聞かせてもらって
満足。いろいろなこと(昔の唄・昔の音楽の感覚・活動を継続すること・・・)
が共有出来ている感じで心地の良い時間である。

 

17200964_1261960963885225_1448079939551280565_n17240094_1024722560995771_4561512385738009467_o

17211989_1024731034328257_8649955494327703468_o

 

さて、LadyBugは久々の1時間ばかりの枠
準備・リハに十分な時間があり音響が仕込めるということで、普段できない
曲も選んだ。
その結果久々にピアノや電子ピアニカを使ったり、曲に合わせてガットギターを
準備したり、イフェクタを駆使したりしてまるでリサイタルのような緊張感で臨んだ。
結果、なんとか、1時間でもしっかり出来たなというのが率直な気持ちと安ど感。


【セットリスト】
@悪女(中島みゆき)
A冷たい雨(ハイファイセット)
Bホームにて(中島みゆき)
CFive Spot(オリジナル)
D化粧(中島みゆき)
E青い夏(伊勢正三・山本潤子)
Fりんご〜旅の宿(吉田拓郎)
G蘇州夜曲
Hあなたのとなりで(オリジナル)
I糸(中島みゆき)

S0756121

17192029_1024722737662420_6733005604543351790_o17191278_1261961080551880_6240181129255695012_n

 

来てくれたお客さん、その中にはよしおっさん・ミキオンさん・恭ちゃんも居て

大変ありがたかった。(打ち上げは0:00AM閉店で追い出されるまで話し続けた
姫路城前の"RoyalHost"で)

・・・家に着いたのが1:30AM。爆睡で起床後近くの温泉で体力リカバー


疲れたけど楽しい一時であった。(^^♪

 

17264337_1261962130551775_3887429028035564152_n
17203228_1261962360551752_2553980192117961373_n

posted by ladybug at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月05日

3月に入って週末は音楽活動盛ん

1.三木アコースティック道場・・・第7回(3/3)

もう七回目を数えるに至った。
参加者は24名。なかなかの盛況ぶり
一人一人の曲数を"2"に絞らなければならないほどだ

6/4の東播フォークジャンボリーに出演するメンバーも多く
個人の技量を磨いて発表するという道場らしい空間になってきた。

@イシイススム・・・今回はAcoRoadCoreを離れ一人でギターの腕を披露

S0066007
A望ちゃんwithノブコ・・・高校進学を決めいよいよギターに歌に没頭するぞ・・
といった勢いがあったな。唄の部分のリズムがしっかりキープされていた

S0076008
Bノリケン・・・シュ−タローズメンバーの二人は担当楽器はさておき(当然として)
唄でチャレンジ。新たな喜びと楽しみを発見しつつある

S0126013
Cおぶっちゃん・・・最近ずっと弾き語りにチャレンジしており、その姿勢は立派。
続けることで技量がupしていく

S0146017
D北井君・・・定番の読み聞かせ。そのあとは弾き語りにチャレンジ。
どんどん歌う機会を
増やしていこう!

S0166020
EHeatHaze・・・最初の頃に比べ舞台慣れしてきた。しっかり練習していけば
どんどん良くなる感じだ。アレンジは細かいところまで気を遣おう!

S0206024
Fからあげ番長・・・つっちーはギターの練習成果を披露。やっちゃんは三線も
披露。アコ道で発表という目標を一つ一つクリアしていけば自然と力がつくな。

S0236027
GSUCCESS・・・聴くたびに安定感が増している。場数も踏んでいるので
安心して聞けるようになっている。東播フォークジャンボリーでの演奏に期待

S0266030
HKANJIRO・・・仕事帰りのバタバタでの中出番になった。どんな状況でも
スタンバイできることが大事だな。東播フォークジャンボリー磨き上げよう。

S0286032
Iフォークオールデイ・・・相変わらずの馴染みのある懐メロ選曲で聴いていて
楽しい。ギターも相変わらずの安定感

S0326036
Jかどやん・・・AcoRoadCoreを離れ弾き語りを披露。独りでやることが実力を
あげる王道。こうして腕を磨くことでバンドで豊かな音を出せるようになる

S0336037
Kマリリン:相変わらず落ち着いた演奏。ギターの技術や歌の感情の出し方
が少しづつ良くなっている。毎回聴くのが楽しみなのは僕だけではないだろうな

S0356039
L生島さん・・・初披露。緊張しっぱなしの時間でこちらの胸が痛くなるほど。
これも鍛錬であり、すぐ慣れることでしょう。次回にパワーアップ期待

S0386042
M辻さん・・・毎回着実な上達を披露し皆の感動を呼ぶ。年齢に関係なく音楽
が楽しめる見本のような演奏でしたね。

S0416045

こうして、第7回は終了。今回参加者の半分は6/4の東播フォークジャンボリー
に出演。しっかり準備して臨んでほしい。
そして、次回第8回の道場は6/17 19:00スタートと決まった。

 

2.小野陣屋祭り(3/4)

小河邸の約束・シュータローズのベースマンのケンちゃんが音楽一切を任された

小野陣屋祭りの特設ステージでのライブ。
昨年に続き今年も出演させてもらいました
昨年同様、好天に恵まれ、ケンちゃんの晴れ男が立証された感あり。

昨年の陣屋祭り・小河邸の約束にも来ていただいた方含め20名程のお客さん

の前で4曲歌わせていただきました。
演奏後、応援に来てくれたシュータローズ・ピアニストノリピーとともに商店街で
お祭り気分を少し味わう。
お弁当ご馳走様。

【セットリスト】
@りんご〜旅の宿
A冷たい雨
B酒と泪と男と女
Cホームにて

S0466051

3.ヤスムロコウイチのライブ(3/4)

アマチュア音楽仲間のショウさんとあけみちゃんが主催のライブ。
"ヤスムロコウイチ”は姫路出身の50代半ばのプロミュージシャン
会場はお馴染み加古川の"OHANA"
観客は、ほとんど顔なじみのアマミュージシャンたち。多くが東播FJに
出演予定。
和気あいあいの雰囲気。

さすがに、ギター一本での弾き語りプロブルースマンだけあって、聴きごたえ
十分。あまりブルースをライブで聴いたことが無かったので新鮮な時間だった。
前座は、TAKAさん。東播FJでの出演も予定されている。
楽しみだ

@前座のTAKAさんは「ポイズンピル」なる怪しいバンド名で出演

S0486053
Aヤスムロコウイチ。セミアコ一本で2時間弱を乗り切る。
S0526060

posted by ladybug at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記