2015年08月29日

三木アコースティック道場

アコースティックギターは、"自分(だけ)で演奏して歌いたい"という気持ちに
対して、最も大衆的に手段を提供してくれる楽器なのだとつくづく思う。

私が、小中学校の頃の身近な楽器は、ハモニカと縦笛しか無かった。
高校で初めてアコースティックギターと出会った。

日本の若者むけ大衆音楽は、少し値がはるエレキギターを使いドラムなどが入って
バンド形式のグループサウンズがTV媒体で浸透していたが、それが飽きられ
アコースティックギターだけで一人でも自己表現でるフォークがラジオ媒体で広がって
いった。

そのころ日本経済は、高度成長に突入したところ。高校生でも沢山のバイト先が
あった。夏休み・冬休みに一生懸命バイトして、お年玉を足して、皆アコースティック
ギターを手に入れた(*゚▽゚)ノ
アンプがいらないので公園でも川沿いでもどこでも演奏できた。
アコースティックギターを作る会社も沢山起業された。60年代後半から70年代のこと

80年代には、アコースティックギターはレアな楽器になるのではと言われたくらい
弾く人がいなくなり、多くの会社が廃業した。
しかし、80年代後半から90年代、ピックアップ(ギターに取り付けるいわゆるマイクの事)の
技術の飛躍的向上に伴い、”アコギ"という現代風呼び名で再度ブームが到来。その後、
アコギ利用者は継続し、今、大衆楽器の地位を取り戻している。

だから、アコギ愛好家は、60年代〜70年代の第一期(60歳前後)、ブーム再来初期の
第二期(40歳代)、そして、現代の若者層と幅広い

そんな人たちが三木にもいる。
皆で自由に発表する場、ライブの様なものではなく、気楽に参加できる場を持てないかと
ここ数ヶ月考えていた。
そして、Basieの理解と協力を得て、ようやく実現にこぎ着ける。

それが三木アコースティック道場
第一回は9/25(金)の夜@Basie


道場マスター持ち回りで担当して貰う。企画・運営・音響:やることは多いが得ることも多いと思う。
参加する人たちが継続して、良い道場にしていってくれた等の願いを込める(^_・)

15082901

posted by ladybug at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

8月最後のイベント ”はばたき祭り"で演奏

三木市立障害者総合支援センター「はばたきの丘」には、純子ママさんが週に一回ボランティアで
お手伝いに行っているのだが、毎年恒例の夏祭り”はばたき祭り”のオープニングステージを依頼され
ノリピーと3人で演奏しました。
主催の皆さん、一生懸命でおそらく700人近い訪問者で賑わいました。
はばたきの丘は、ノリピーもお世話になっているとのことで、会場では、純子ママ・ノリピーともに
知人が多く、私一人"アウェーイ"状態。
そんな時は、MCも挨拶もすべて純子ママに任せ、たまにコーラスを入れる単なるバックのギタリストに徹
して演奏。

施設が丘の上のため、ステージからは山の景色が素晴らしい。
沢山の観客のの方、市会議員の方などの前で、実に気持ちよく野外演奏させていただきました。
色々注文を付けさせていただいた、音響"チームSRさん”も無難にやっていただきましたこと感謝です。

演奏では、ギターストローク中に調弦が狂い、演奏中に狂った弦を探り、「三弦がおかしい!」と判別して
から4〜6弦のみで演奏。その曲だけ少しブルースっぽいギターワークになりましたが、演奏stopすることなく
無事終了 (^^*)
ピアノの伴奏が合ったことが大いに助かりました。

【セットリスト】
@卒業写真
A涙そうそう
Bカントリーロード
C木蓮の涙

 

DSC02877
IMG_0390


8月はイベント4回、すべて終了。
来る小河邸での演奏曲が一曲含まれ、これはどんどん完成度が上がっていく感じです。

posted by ladybug at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月27日

Summer Elderly Acoustic @ Basie終了

ライブ翌日24日の早朝から東京出張のため、本日ようやく総括を書く時間ができた。
感動がびっしり詰まったライブとなったので書きたいことが沢山だ!!

とにもかくにも、約40名のお客様、特に遠方から足を運んでいただいた多くの方々にお礼。
沢山の人から、「良かった!」との声を頂きました。FBでもたくさんの過分のお褒めを頂きました。
(それは、出演4バンドすべてに)

そして、しっかり音響をやってくれたきむさんに感謝。
聞き易い、実にアコースティック向けの音響でした。有り難う!!

そして、Basieのマスター、ママ。
本ライブを「Basieで開催してくれて有り難う」と二人からお礼を頂きました。
定休日である日曜日に店を開けて貰ったこと。こちらこそ感謝です。

そして、出演してくれた4バンド。各々の音楽へ向き合う姿勢や、これまでの活動年輪が
しっかり演奏に表れ、すべての曲に、各人の人生観・説得力・納得感がありました。
"Elderly"と名を打った企画通りの素晴らしいライブになったと思います。

自分も真摯に音楽と向き合ってきたし、今も向きあっている訳だが、参加バンドの各メンバー
の人生そのものが説得力があり、それを自分に照らして鏡の様に見てみると、類似点を
発見できたりして、その結果、自分のやり方に自分で納得できたりします。
このようなライブが出来ること自体が素晴らしいことだと思えます。
そして、思います 「その人が奏でる時間は、その人の人生そのものを表現している瞬間なのだ」

各バンドの方々が「一度Basieでやりたかったので本当に良かった!」と口々に言って
くれたこと。それは、シンプルながら以下の意義がある。
・三木にBasieという素晴らしい音楽spotがあるぞ・・ということが幅広く播州の人たちに
体感して貰ったことの意義(演奏者もお客さんも)
・このような、説得力のある音楽を発信できる場として三木が名乗りを上げられることの意義
・そして、沢山の人が集える三木やBasieとなっていくことの意義

それらは、まさに"東播フォークジャンボリー"が毎年三木で開催されていることから派生している
効果であろうと思う。

そして、本ライブに多数、聞きに来てくれた三木のアマチュアミュージシャン達。
今回のようなPLAYER達の演奏に触発され、これからも切磋琢磨していければ、言うことはない。
たくさんの三木のアマチュアが参加する東播フォークジャンボリーとともに、このような不定期のライブ
の積み重ねが、三木の音楽の興隆に貢献していくのだと勇気を貰い、自信が高まります。

そして今回のLadyBugの演奏は、三木の音楽のもう一つの形である小河邸の約束:Shoot-Arrows
仲間であるノリピーのピアノ参加を得た。
8月はノリピーに助けられて、3つのイベントをこなす。
彼女のピアノが入っただけで我々夫婦の音楽が大きく広がる。
こういった機会を持てることにも感謝・感謝・感謝

こうして、音楽漬けの怒濤の8月が終わりそうである。
そうしたら、すぐに旧小河家別邸ライブがある。

・・・すべてに全力投球だ!!

【セットリスト】
・卒業写真 with ノリピー
・冷たい雨
・糸
・蘇州夜曲 with ノリピー
・木蓮の涙 with ノリピー

11217164_993744807352239_1888288772448262556_n
『高砂ロマンチックナイト』 ゴンさんの優しい声・殿下のマンドリン・こまっちゃんのリードが良くマッチしていた


11951134_511279835707091_8567068478951378952_n
『TAKA SHOW』 楽しいMCとしっかりしたご当地ソング。あっという間の30分間


11889655_538315626318674_712190818384551507_n
『LadyBug』 ノリピーの参加が3曲。広がりあるピアノで、Vocaでlは詞もメロディーも実に丁寧にこなせました



11952038_511280075707067_602315976430253247_n
『チェリー&バレイ』 いつ聞いてもバレイさんのリードはしびれる。多くの観客を魅了。チェリーさんのだみ声との好対照


11260570_993744597352260_6463251298571983075_n11143720_894703547276732_1628164045365058455_n
フィナーレは全員でたくろう『夏休み』。 本日のElderly(大人)の遊びもこれが最後と思いスモークもやった。


11866447_538315789651991_6811865917066455410_n
打ち上げは、延々と続いた各々の音楽談義や各人の音楽歴史、そしてギター談義
飽きることなく時間はあっという間に過ぎた。

 

・・・・皆に感謝。音楽を無理なく続けられていることに感謝

そして、様々な人のためにこのような企画をしていく大事さを再認識していく。
「次の機会も作っていこう!!」・・・と

posted by ladybug at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月17日

東条湖カントリー倶楽部 ディナーコンサート終了

昨日は、15:30に会場に入り、19:00-20:00の一時間演奏をしました。
ゴルフ場のレストランということで上質のお客さんばかりでした。

・・・というより、真剣に聞いてくれたいた方ばかりということ。
静けさの会場で演奏の音だけが響くと言った感じでした。
時折、お客さんが申し訳なさそうにDrinkを取りに行く足音が・・
(Drinkはセルサービスでした)

ここ数日、本イベントのため真剣に練習して、緊張感を持って臨み
、音響もしっかりやっていただき、つつがなく演奏を行い、その結果
なかなか良い出来栄えでありました。
何せ、食事がメインとはいえ、ディナーコンサートなもので・・・。
終了したときは安堵。
ノリピーのピアノが演奏の幅をグンと広げてくれ、充実した1時間の演奏となりました。

11月29日開催の"小河邸の約束2015 Focus"のフライヤーを配布
することもでき収穫多いイベントでした。
(神聖なディナーコンサート故演奏中のPhotoは無しです)

DSCF1228DSCF1229

演奏後、レストランでステーキコース料理を頂き、空腹を美味で満たす。
帰路運転のためノンアルビールであったが、飲んでいるときはビール感があった。
・・・力入れてノンアルを飲んだのは初めてでした。

DSCF1230

【セットリスト】

・悪女(中島みゆき)
・冷たい雨(ハイファイセット)
・500マイル(忌野清志郎)
・糸(中島みゆき)

以下、with ノリピーPiano

・卒業写真(荒井由美)
・蘇州夜曲(アンサ・リー)
・涙そうそう(ビギン)
・木蓮の涙(スターダストレビュー)
・ハナミズキ(一青窈)

posted by ladybug at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月16日

東条湖カントリー倶楽部 ディナーコンサートいよいよ本日

昨日・今日と連日の開催
昨日のアーティトはMETA Box Duo(ギターインスト)

いよいよ本日が出番。今日のお客さんの入りはいかがでしょうか?

お客さんの人数に関係なく、きちっと、たっぷり1時間演奏しますよ。
ピアノのノリピーともしっかり練習したので、結果はついてくるでしょう

 

それにしても、美味しそうだな・・・。

【開催日・アーティスト】

  • 8/15(土) MetaBOX DUO+
  • 8/16(日) Lady Bug

【料 金】

  • 一般:4,500円
  • 未成年(中学生以上):2,500円
  • 3歳〜小学生:1,500円

【メニュー】

  • 選べるスペシャリテ(国産牛サーロインステーキ・オマール海老のグリル・グリルチキン・グリルハンバーグ)
  • ビュッフェ(オードブル・サラダ・揚げ物・カレー・ご飯)
  • ドリンク飲み放題(40種類)
  • ダイヤ 開催時間:18:00〜20:00(LO. 20:30)
  • ダイヤ コンサート:19:00
  • ダイヤ 営業時間:21:00まで(LO. 20:30)
posted by ladybug at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月09日

小河邸の約束ShootArrows練習が佳境

月例の練習会。10人全員が集合となりました。
練習室にはエアコンが一台しか無いのでフルフル運転で酷使しながら2部屋分を冷房
・・・追いつきません!! 家中の扇風機も動員!・・・追いつきません!!!

冷気が10人の体温に吸収されるような・・。ということで、汗だくになりながらの練習
でした。

コーラスはまづまづの仕上がりで、残った課題の一点を片づければ間に合いそうとの感触。
問題は、演奏側か。
見せ所のポイントでのリズムやコードの一致確認がまだ必要な部分あり。
少し粗削りの部分もあり。個人練習と別途演奏陣の確認で克服したい!!!

とはいえ、難曲が多い中で仕上がってきてはいます。
なんとか、絶対的な自信が持てるように追加の確認練習で改善したい。
・・・まっ、今年の曲は難しいわな!!これをやっつけて次のstepに行きたい

DSCF1203DSCF1205

練習後、反省しつつ、清涼ドリンクで乾杯そして季節のスイカ。
・・・・・士気は盛んである(*゚▽゚)ノ

DSCF1207

posted by ladybug at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

One Summer Night Live 2015 @ Narish(夢前町莇野)

昨年もお邪魔した本ライブ、昨年は雨天決行でしたが今年は晴天の炎天日。
夕方までは、バザーがあっておしゃれな縁日という感じでした。
妻は、アクセサリーをゲット。どこかに行くたびに耳飾りが増える (^^;;

11855841_465903066905895_1568986434796190890_n11828703_465903070239228_8404461468385174166_n
ここでも、柴犬発見。二人でいじくり回しました。今月は、訪問地での柴犬遭遇が続く。
そういえば、わが愛犬"いし”の命日近辺。・・そのなせる業か?・・単に近年の柴犬ブームなのか
いづれにせよ、あちこちで遭遇できることに感謝。

DSCF1180

さて、ライブは。
夕方から、バザー販売が終了し、ブースが片づいて、客席設営。
そして、設営されたテントステージで演奏開始。
??晴天なのにテント??・・・・夜露対策だそうな。楽器・器材を守る観点では大事だ。
11828805_465903056905896_2695739899678433105_n11828640_465903053572563_304690908158922736_n


「くみちゃん読み聞かせ」・・昨年に続き静かに聞き入る。バックグランドミュージックのピアノの音色
がお話に良く合っている。

DSCF1184


「Naga-Yama音響」・・渋いフォーク選曲とフィンガーピックによる落ち着いたサウンド。
パーカッションも効果的に鳴っていました

DSCF1188


「摩訶&アッキー」・・東播フォーク実行委員会仲間。いつも、なにかをしでかす。
今年は、莇野小学校の校歌を秘密裏に準備。詞をネット検索。メロディーは見ず知らずの
当校教頭先生にコンタクトし、怪しまれながらもついに録音音源をゲットしたとか。
その行動力に乾杯だ!

DSCF1192


「EMI&GEN」・・・昨年の本ライブでも演奏。一年ぶりの再開。夫婦で音楽やっている方々と会うと
何故かほっとする。自分たちが音楽にかなりはまっている姿が客観的に見て正常か?など余計な考え
がうち消されるので・・・。 ギターを愛する姿勢が伝わる演奏でした

DSCF1193


「よしおっさん」・・音楽イベントで知り合って、1年半になる。その間、本イベントでの交流に加え
東播フォークへの参加や小河邸の約束に来て貰ったりといろいろな広がりがありました。
今年は、よしおっさんに一曲サポート役で共演。「22歳の別れ」・・・初めてライブで使ったナッシュビル
チューニングで・・・。2台のギターサウンド、うまく響いたかな??

ちなみに"ナッシュビルチューニング"とは、3〜6弦をオクターブ高いチューニングにする。当然使う弦も
高音用の細いものになるので、全体的に左手指の押さえ方が難しい。

 

ところで、よしおっさんも、合うたびにギターが増えている人だ。今回見せて貰ったHeadwayのDタイプは
なかなか良い音をしていた。
3年前にふるさと北海道で、昔の音楽仲間といわゆる同窓会ライブを立て続けにやった際に、
久しぶりの演奏に覚醒された北海道の連中が楽器を次々買い始め、その根元が私と言うことで
"松崎菌"とか言われたが、よしおっさんの場合は、出逢う前からの病気なので、"風土病"ですな。
いわば「莇野ギター物欲禁断症」か。そういう私も、時折発症する・・・・。特効薬はない!
DSCF1182

そして我がLadyBug。21時近くでトリを努めさせていただきました。この時間になると気温も下がり夜風
が気持ちよくかつ、山間に音響が良く響きます。

【セットリスト】

・冷たい雨
・500マイル
・酒と泪と男と女
・悪女(アンコール)

DSCF1198

ライブ終了後は23時頃まで、打ち上げの音楽談義。
莇野の人たちは、本当に音楽好きで、選曲のキャラも真面目なので、我々はいつも姿勢の類似性を感じる。


こうして、暑い夏の週毎4連戦の第一週が終了。

posted by ladybug at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月01日

8月の活動に向けて

7月も過ぎ、8月は常夏の一月の予感
8月は盆休みがありながら、様々なイベントあり、仕事ありで多忙の月になる。

それに備えて、7月は骨休み旅行をした。久しぶりに三男と。
とは言え、迫ってくる小河邸の約束シリーズに向けてコーラス"こそこそ練習"も佳境だ

まづは、旅行だ

兼ねてからあこがれの、山形銀山温泉の老舗旅館能登屋に宿泊した。
大正時代の風情をキープした温泉街。ひときわ歴史を誇る能登屋。
妻が絵画をやっているのだが、能登屋の冬景色を描いてから本実物に宿泊することが
人生の一つの目標になっていたようだ。
DSCF1160DSCF1082

案内された部屋は、かの”斉藤茂吉”も滞在していたところ。
タイムスリップしたような温泉街。城の崎より断然良い
もともとは、芦沢銀山の労働者むけに風呂があったそうな。
硝酸系のやや濁り湯。お勧めだ!!

山形といえば、立石寺、最上川などの芭蕉のゆかりのspotもしっかりカバー
そして、蔵王お釜と蔵王温泉の酸性湯で心も体もしっかり休養

飛行機の旅なので、トラベルギターは不携行。
音楽も仕事もしばし忘れた・・・。たまにはこんなのも良い


DSC02392DSC02443
立石寺は大学一年の夏休みに、友人と訪れたことがある。40年経っても変わらない。
変わったのは自分だ。奥の院まで登ったが、今回は脚がヘロヘロになった。

S0730363DSC02471
最上川ライン下り。この船の船頭は、伴奏無しで数曲も歌う、サービス精神旺盛だ

DSCF1036S0870397DSCF1033

DSC02582DSCF1029
DSCF1077DSCF1058
いよいよ、今回メインの銀山温泉”能登屋”。創業者は、江戸時代に能登から来た鉱山師
"木戸佐左エ門"、代々宿を守り今も女将の名は"木戸さん"だ。
写真の上品な老女は先代女将。今の女将は実の娘だそうだ。
部屋の窓からの景色も、大正ロマンだ。

DSC02527DSC02550
ところで、愛犬の柴犬”いし”を亡くして4年になる。我が家の家族は、いまでも柴犬を発見
したら大いに盛り上がる。
ましてや、旅先の超お気に入りの銀山温泉で出逢うと・・・・・我を忘れた!!

銀山温泉マスコット犬の名は”ハリー”
もう一回柴犬を飼いたい願望を押さえきれなくなる!!!

DSC02672
そして、お釜。言うまでもない観光SPOT!

旅行を挟んでシュータローズのコーラスこそこそ練習を2回も決行
コーラスどころか、ベースやピアノやパーカッション、鳴り物も参加しなかなかの本格練習となった。
例年そうなのだが、この時期に、"ぐん"と仕上がりが良くなってくる。
なにやら、今年の本番も楽しみになってきた・・・。
S0630339S0610335

練習後に、思いは来年の小河邸が5周年になることに。そこでなにか記念にと話題沸騰。
「複数箇所でやろう!(たとえ、お客さんが少なくとも!!)」、「それなら札幌でもやりたい」
「温泉は外せないよな!」

・・・・・今年を乗り切って、演奏者も観客も、更に心に残るイベントにしていきたい。
そして5周年まで実現させたい。

posted by ladybug at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記